ここから本文です

5歳娘に嫌われました。娘は小さい頃から優しいパパが大好きで、叱り役は全て私でし...

sou********さん

2016/5/2215:08:00

5歳娘に嫌われました。娘は小さい頃から優しいパパが大好きで、叱り役は全て私でした。よくお喋りするようになってからは『もうお母さんキライ』『お母さんいらない』そんなのばっかりです。私

と2人でいるときは『お母さんお母さん』と側についてまわってますが、朝幼稚園に送り届けた時や夫が帰宅した時など、私以外の人が側にいると途端に『お母さんやだ!』『お母さん早く帰って!』(←幼稚園で)と言います。それまで仲良くやってたのにいきなりなんで?私が何したっていうの?と悲しくなります。きっと娘の中で優先順位があって、私の事は一番下なのだと思います。
週末は夫と3人で買い物に行くのが常ですが、今出かける為、私が自分の用意をしようとしたら『えーお母さんも行くの?えーやだぁ』と言われ、私は『じゃあお母さんは行かないよ』と言い、夫に買い物メモを渡してたった今2人で出かけて行きました。ここ何週間か?何ヶ月か?忘れましたが、毎週ではないもののこんなやり取りがずっと続いています。GWもこんなんで結局どこも出かけず仕舞い。はじめは私もキライと言われることにそんなに気にしていませんでしたが、こうずっと言われ続けるとさすがにショックで悲しくて、私はなんの為に存在しているのか?『じゃあお母さんはもういなくなるね』と言い死んでしまいたくなります。
私の両親はずいぶん前に他界しており、姉が1人いますがいざこざで今は音信不通。友達は数人いますが皆結婚したり遠くに住んでたりで頻繁に会う事はありません。ママ友もいません。夫は優しいですが、なんていうか子供じみた言い方をすると私より娘が大事な人で、私がこんな相談をしてもきっと『子供の言うことなんか気にするな』の一言で軽くあしらわれて終わると思います。なんだか孤独です。話せる相手がいません。私がいなくなっても困る人はいないんじゃないかな。だったら消えてしまおうか。変なことばかり考え、1人で泣くことも増えたように思います。

私はどうしたらいいですか?『お母さんキライ』と言うように娘を育ててしまった自分の責任ですか?私も夫のように娘を可愛い可愛いと甘やかして、叱ることも怒ることもせず、のびのびと育てていたら私も娘に好かれていたんですか。

閲覧数:
5,286
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

meg********さん

2016/5/2216:13:48

私も第一子に、「お母さん死ねばいい!おばあちゃんの子になる!」と言われた女です。机の下で私だけ蹴られたり…
結構続きました

結局、「参観にも来ないで」とか、いろいろありまして。本人の希望で寮のある学校に入れました。「寮が楽しくて家に帰りたくない」と寮でもいってたそうです。

そりが合わないんだろうなーっと

もうその子は19となり、早く家を出たいのでとお金をためてるし就職もしました。
なのでやっと自分の役目終わったわと思ってます。


その後3人産まれて、その子たちが口々に、「お母さんと結婚したい」「お母さん100歳になっても死なないで」と言ってくっついてくれてるから保ってはいるものの。

子供のいうことだし本気に取る必要ないとは思いますけど、言われるほうはきついです。19の子は「いったことも覚えてないし、後悔してる、悪かったと思うけどごめんなさい」と言いますが…

まあでも言われ続けてでも、19になってあと1年で成人だわと思うとホッとします、できることはやったが子供にも私を嫌う自由はあるのでしょうがないと思ってます。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

car********さん

2016/5/2512:31:43

お子さんの問題ではなく
夫婦の「役割」の問題ですね

一度決まってしまったらもう優しいパパそして
怖いママの地位が変わらないという事はないので
夫とよく相談してそろそろ立場を変えようかとか
考えるべきですね

ただしお子さんが女の子なので基本的には第二次成長
を迎えればより女性的になるのでパパよりもママの方を
「女性としての先輩」という目で見るようになります

娘を育てるうえで男性側にはなかなかできないもしくは
経験したことが無いそれをママはできるのでそのアドバン
テージ含めてそろそろママとして好かれるきっかけを
作っておくことをすすめます

パパにも限界がありますしかし「母親」としてあなたは
限界を作ってはいけませんそこが父よりも母が強く偉い
理由ですから

sno********さん

2016/5/2216:45:23

子供ってちゃんと成長しているんですよね。
何も出来なかった赤ちゃんの頃。ママが世界の全てだった頃から、少し成長して、ママ嫌いって言うぐらい育ったんですよね。

これが成長の一過程だと分かっていても、それでも嫌いって言われるとショックですよね。

まずは「ママ嫌い」って言葉は、本当は「ママに怒られるのが嫌い」 「ママに注意されるのが嫌い」って意味です。
ママの存在を嫌っているわけではありません。
つまり怒られている、注意されているって事を理解しているわけです。
自分が悪いと理解出来る年齢になったけど、やっぱり怒られるのは嫌だ。
だから「ママ(に怒られるのが)嫌い」なのです。

そしてそれを口に出来るのは、何があろうとママが自分を嫌いになることはないという親子の確かな絆があるから、怖がらずに口に出来るんですよね。
本当に不安定な親子の絆なら、子供は本能的に恐れてそんな言葉を口にすることは出来ません。

ママ嫌いは、ちゃんと娘を愛し、それがしっかり伝わってる何よりの証です。
だから安心して下さい。あなたの育て方は間違ってないし、立派に育ててます。
あなたは素敵なママですよ。

嫌いと言われて辛い気持ちは分かりますが、この時期も所詮は一時のことです。
すぐにママ大好きに戻って、暫くすると、パパ嫌い。とか、親父うぜぇ。とかになっちゃうわけです(笑)
そしてその頃には、娘が口も聞いてくれないと、パパが孤独に泣くわけです(笑)

覚えてないだろうけど、きっとあなたもそんな風に大人になりました。
私も、そして多くの人が、そんな風に大人になりました。
いつか、あなたの娘も今の気持ちを味わう日が来ます。
そう思うと、ママ嫌いと言う、今の時間も大切で愛しい時間なのかも知れませんね。

今日も明日も、お互い頑張りましょうね。

o_p********さん

2016/5/2216:31:55

そういうのっていつでも当たり前にそばにいるママだから言えるんですよね。
子供ながらに無意識に絶対離れないってわかってるんです。甘えですね。

でも一度教育としてちゃんと娘さんに言ったほうがいいと思いますよ。

もしかしたら友達にも言っちゃってるかもしれませんしね。

ご主人にも相談して軽く一芝居してみては?

娘ちゃんはいつもママにすぐキライっていうけど、そういう事言うと娘ちゃんも嫌われちゃうかもしれないんだよって。
ママも嫌だな。
ママの事嫌いなんだったらままどっか行っちゃおっかな〜
ご飯もお片づけもお洗濯も全部自分でやってね〜
って言ってふらっと家を出てみてください。

5歳の子供なら何かしら感じ取ると思いますよ。

bvk********さん

2016/5/2215:53:27

はじめまして、川田と申します。
まず、何度か深呼吸をしましょう。それだけで気持ちが不思議と落ち着きます。
気持ちが不安定なときは、浅い呼吸になっていると思います。
いつでも深呼吸をしましょう。
娘さんに、そのように言われては、家の中で1人になってしまったような寂しい気持ちになってしまいましたよね。。
娘さんは、口先でそのようなことを言っているのも、甘えのひとつだと思いますよ。
本当は、お母さんが大好きです。
お父さんより、どうしてもお母さんが叱り役になることが多くて、なんだか損してるような‥そんな気持ちになってしまいますよね。

もしかすると、質問者さまは、自分に対して厳しい部分はないですか?
こんな自分が嫌い、こういうところがダメ‥。
そんな風に普段の生活の中で、自分に対して批判的になっていないか、すこし振り返ってみてください。
自分に対して批判的だと、周りに対してもどうしても批判的になってしまいがちです。
ですので、もし批判的になっているかも‥と感じたら、
まずは自分に優しくしてあげてください。甘やかす、という意味ではなくて、あなたのありのままを受け入れてください。ということです。
みな長所短所がありますから、こんな部分もあるけど、こういう良い部分もあるし、まあよしとしようかな。そんな考え方も気持ちが楽になりますね。
そんな風に自分のありのままを受け入れて、優しくしてあげると、周りに対しても(娘さんに対しても)優しくなれたりします。
自分に優しく。
やってみてくださいね。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる