日本の伝統工芸や日用品は機能性に関してですが、たとえば ・和服:準備に時間がかかる上に動きにくい。

伝統文化、伝統芸能145閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

その他の回答(1件)

0

質問者さんのイメージされている『和服』とは、絹で織られた着物のみになっていませんか? これらは一部の上流階級の人々が着用していたもので、武家でも一部の人々に限られます。 下流武士や地方武士は登城する際も紬や木綿を着用している藩が多かったと記憶しています。 よって、着用のための準備や着方、動きやすさを比較するならば、洋服は王族貴族が着用しているタキシードやドレスとすべきでは無いでしょうか? 洋装には詳しくありませんので間違っていたら恐縮ですが、ドレスなどの着用はコルセットを締めるなど、着物以上に手伝いがいるのではないかと思います。 保管に関しては、形を崩さないように保管するドレスやタキシードに対し、着物の方が平らに折りたたんでしまえることから、着物に軍配が上がるのではないでしょうか? 洋服のTシャツやYシャツなどと比べるのであれば、着物は柔道着や浴衣などが比較対照になるのではないかと思います。 空手をやっておられるようですが、いつも着替えるときにや稽古の際に、時間が掛かる、動きにくいと感じておられるのでしょうか? 和傘とビニール傘に関しては、ビニールなどの製品が現れて、和紙に取って代わったわけですから製造や使用に優れているのは当然であり、そうでなければ代用品にはならなかったと思います。 別視点として、環境の面から見れば、和傘に軍配が上がるかと思います。 また人によりますが、趣を考えれば、和傘に軍配を上げる人が多いのではないでしょうか。 舞妓さんがビニール傘を差していたら、少し気落ちしませんか? 質問者さんには不要な存在でも、必要としている人が存在しているから存在しているのであり、そこに存在意義はあると思います。