ここから本文です

決算につき、引出金残高¥130,000を資本金勘定に振り替えた。

mir********さん

2016/5/2515:08:17

決算につき、引出金残高¥130,000を資本金勘定に振り替えた。

借方に資本金、貸方に引出金

↑の仕分けは出来るしイメージが沸くのですが


「決算につき、当期純利益¥120,000を資本金勘定に振り替えた。」 と
「決算につき、当期純損失¥120,000を資本金勘定に振り替えた。」がイマイチ分かりませんT-T

解答見ると、当期純利益、当期純損失の部分の勘定が 損益になっていて
どうして当期純利益の方は借方の方に損益、貸方に資本金なのか?
当期純損失は借方の方に資本金、貸方に損益がきています。

T-T? 「決算につき、当期純利益¥120,000を資本金勘定に振り替えた。」

当期純利益って+(プラス)・増なイメージ
資本金も+(プラス)・増なイメージ


「決算につき、当期純損失¥120,000を資本金勘定に振り替えた。」

当期純損失は-(マイナス)・減なイメージ
資本金は+(プラス)・増なイメージ

うーん;-; よろしくお願いします

閲覧数:
213
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

ban********さん

2016/5/2515:34:40

純損益を一会計期間における純資産の変動額として捉えるので純資産の科目である資本金勘定(または繰越利益剰余金勘定、2級以上)に振り替えることになります。


●純利益の場合の振替仕訳
借方)損益 xxx 貸方)資本金 xxx

●純損失の場合の振替仕訳
借方)資本金 xxx 貸方)損益 xxx

純資産の増加は貸方に記入します。
純資産の減少は借方に記入します。


純損益は一会計期間における収益総額と費用総額の差額として算出されます。

損益勘定でいえば

収益総額が費用総額より多ければ純利益が生じていることになり、損益勘定の貸方に残高が生じることになるので、その貸方残高と同額を損益勘定の借方に記入して貸借金額を一致させて損益勘定を締め切ることになります。

他方、収益総額が費用総額より少なければ純損失が生じていることになり、損益勘定の借方に残高が生じることになるので、その借方残高と同額を損益勘定の貸方に記入して貸借金額を一致させて損益勘定を締め切ることになります。


もう一度テキストで帳簿(勘定)の締め切りの論点を確認しておくのがいいと思います。


【参考】
http://studyboki3.com/050_kessann/060_tyoubonosimekiri/1/1/

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる