ここから本文です

西軍の戦略頓挫について 西軍はまず伏見城攻略に取り掛かります。

プロフィール画像

カテゴリマスター

zac********さん

2016/5/2622:11:57

西軍の戦略頓挫について

西軍はまず伏見城攻略に取り掛かります。

7月19日に宇喜多秀家を総大将、小早川秀秋を副将にして、総勢4万人の大群での攻城戦ですが、防衛軍1800人を相手に8月1日までかかっています。まず、この攻城戦が齟齬であったということは言えますよね。

しかし問題はそこからで、8月10日に石田三成が大垣城まで入っているのに、細川幽斎を丹後に攻めてみたり、伊勢で手間取ったりしており、尾張への侵攻が遅れています。
せっかく織田秀信を味方に引き入れたのに岐阜城への集結もできていません。

一方で、徳川家康は8月13日に村越直吉に託して東軍諸侯を督戦していますが、つまりその時点で東軍諸侯は清州に集結していたものと思われます。

当初の目論見と比較すると西軍の立ち遅れがあるように見受けられ、岐阜城陥落の要因になったと思われます。

これは、西軍主力部隊が東軍の反転攻勢の時期を見誤ったか、あるいは豊臣恩顧とされる諸将の動向を見ていたのでしょうか。ご存じの方ご教示ください。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
193
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kan********さん

2016/5/2821:09:01

西軍が勢いを失った大きな要因は岐阜城のあっけない陥落です。石田三成の書状内容を追うと、西軍が想定したのは濃尾平野を攻防ラインとするもので、これが一気に崩されたことになるのです。濃尾平野をめぐって争うのは織田信長と斎藤義龍、織田信雄と信孝、羽柴秀吉と信雄の対立と重なり、東と西(または北と南)で争う場合はここが重要なラインであったことが分かります。

西軍は自分たちが公儀であることの効果を過信しており、伏見城攻略に時間がかかっていても岐阜城陥落まではさほど士気が落ちているように見えません。細川家は家康を擁立した徒党の首謀者とされ、公儀として改易し、丹後田辺城を接収しようとしたのです。

三成は真田昌幸宛書状の中で、会津征伐軍に福島正則ら西軍に帰参を申し出ているものが大勢いるとし、「尾濃」で留め、秀頼を粗略にしないことを確認した上で通すことを述べています。そして福島が味方に付けばともに三河を攻略し、敵対した場合は美濃・伊勢から清須を攻めるとしています。尾張を失った家康が江戸から出てきた場合は輝元の大軍を伊勢に呼び、決戦するとの構想です。
三成は織田秀信とともに尾張へ侵攻する準備をしており、八月十三日には尾張側の寺に禁制を発していて、かなり現実味を帯びていたことが分かります。

しかし、侵攻が実現する前に十九日、村越直吉が清須で福島らと軍議を開き、家康を待たずに岐阜城を攻めることを決定。ただし、重要な選択のため井伊直政と本多忠勝を待ち、了解を得た上で二十二日に福島らが竹鼻城を攻略、池田輝政らは野戦で織田勢を打ち破り、翌日には岐阜城を落とします。

三成が尾張侵攻を実行に移さなかったのは、福島が西軍に帰参しないことが決定したことや、それにより伊勢方面との連携が必要になったものの、毛利秀元らの伊勢から美濃への転戦がやや遅れたことが原因かもしれません。また、山本浩樹氏の「関ヶ原合戦と尾張・美濃」(谷口央編『関ヶ原合戦の深層』所収)によると、美濃では一揆が起きていたようです。尾張の伊勢方面の入り口にいた西軍の原長頼は秀元に五百の兵を借りて美濃出陣で手薄になった清須城を攻撃しようとしたものの、長束正家の反対で実現しなかったようです。
また、九月上旬には瀬戸内毛利水軍が伊勢湾に現れ、九鬼水軍と合流して尾張南部を荒らし回ったようです。三成は毛利水軍も待っていたのかもしれません。
しかし、そうした尾張攻めの態勢が整う前に重要な防衛ラインである岐阜城を抜かれ、一気に瓦解していったのではないでしょうか。

  • 質問者

    zac********さん

    2016/5/2821:32:25

    ご回答ありがとうございます。

    >三成は真田昌幸宛書状の中で、会津征伐軍に福島正則ら西軍に帰参を申し出ているものが大勢いるとし、「尾濃」で留め、秀頼を粗略にしないことを確認した上で通すことを述べています。そして福島が味方に付けばともに三河を攻略し、敵対した場合は美濃・伊勢から清須を攻めるとしています。

    ここのところが後から見るとわかりにくいんですけどね。

    三成には、福島正則が自分を蟄居させた人間であるという認識がなかったんでしょうかね。
    加藤清正や黒田長政と違って個人的遺恨の証拠は見当たらないので、もしかしたらそんなに仲が悪くなかったのかもしれませんが、そもそも私的婚姻事件の時から徳川に寄っているのははっきりしていると思います。

    最初にお書きになったように、
    >西軍は自分たちが公儀であることの効果を過信しており、
    が要因なんでしょうか。

  • その他の返信(2件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2016/5/28 22:39:13

いつも詳しい回答をありがとうございます。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる