ここから本文です

明治維新では薩長土肥の藩士が政府の要職に就きましたが、肥前からは大隈重信以外...

eas********さん

2016/6/1515:11:39

明治維新では薩長土肥の藩士が政府の要職に就きましたが、肥前からは大隈重信以外に誰か有名な人はいますか?
ってか亀山社中などで維新に貢献した長崎からではなく、なぜ佐賀出身の大隈が出世

できたのですか?

閲覧数:
234
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jj8********さん

2016/6/1515:56:37

初代司法卿で大久保との対立で下野をし佐賀の乱の首謀者となった「江藤新平」。

初代文部卿でその他閣僚を歴任した「大木喬任」。

「政体書」起草に関わった「副島種臣」。

日本赤十字社を創設した「佐野常民」。

北海道開拓に携わり後に下野をし佐賀の乱に参加した「島義勇」。

長崎は幕府の直轄地でしたし、武士よりは商人が幅を利かせていた街です。

幕末の政局に対し肥前佐賀藩は目立った行動はとっておりません、逆に他藩士との接触を禁じておりました。
ただ藩主鍋島閑叟が採った近代化と兵制改革で軍事力は相当なものだったようで、これによって新政府軍の中での地位向上が出来たようです。

質問した人からのコメント

2016/6/15 21:50:24

お三方ともありがとうございました

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mug********さん

2016/6/1515:49:32

倒幕の協力藩ではあるが、幕末佐賀藩では他藩との交流を禁じていたので倒幕維新時に薩摩・長州・土佐に出遅れることになったのです。

鍋島直正(閑叟)・・・議定、開拓使長官
島義建・・・開拓使主席判官
佐野常民・・・大蔵卿
副島種臣・・・参議、内務大臣
大木喬任・・・司法卿
江藤新平・・・司法卿などです。

exp********さん

2016/6/1515:39:49

肥前閥だと大隈重信以外で有名なのは
江藤新平や副島種臣、大木喬任などがいます。

幕末に佐賀藩が着々と準備してきた近代式軍備は実は
薩長をしのぐほど強力で、戊辰戦争の彰義隊との上野の戦いや
白河口の戦いや会津戦争で大いに威力を発揮します。

ただ、佐賀藩の場合は、薩長のように最初から倒幕ではなく、
かといって佐幕でもなく、どっちつかずの中立で、
鳥羽伏見の戦いで薩長が勝ったのを見てから
急ぎ倒幕側について参戦したのが佐賀藩でした。
ですので、その後の要職ポストへの登用でも
薩長に比べれば後塵を拝することになりました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる