ここから本文です

民法の占有の訴えについて質問です。 ▽202条2項 占有の訴えが提起されたとき、...

kwn********さん

2016/6/2421:30:42

民法の占有の訴えについて質問です。

▽202条2項 占有の訴えが提起されたとき、裁判所は、本権に関する理由に基づいて裁判をすることはできません。

どういう意味ですか。゚(゚^ω^゚)゚。

▽占

有の訴えを提起されたときに、被告は、防禦方法(抗弁)として本権を主張することは許されません。
ただし、本権に基づく反訴を提起することはできます。

ますますハテナです。
誰か分かる方教えてください。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
73
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fus********さん

2016/6/2508:10:16

まず、この場合の「本権」とは
占有権以外の物権(所有権など)を指します。

よって
占有の訴え(民法197条)について裁判をするとき
裁判所は本権(の訴え)とは関係なしに裁判をするので

例えば不当に他人の物を占有している者から
真の所有権者がその物を奪ったので
占有していた者が占有回収の訴え(民法200条1項)を起こしたとすると

事実上、被告(真の所有権者)は
その訴訟において自分が真の所有権者である事の主張をする事は出来なくなります。

もっとも民法に明確な規定はありませんが
物権に係り、その真の権利者は
その物権を守るための訴えを起こす事が出来る と理解されているので
(物権的請求権)

被告は占有回収の訴えを起こされたとしても
自分が真の所有権者である事を主張して(所有権に基づき)
所有権の確認を求める訴えや
原告から所有物に係って何らかの妨害を受けているときは
その妨害の排除を求める訴えを起こす事は可能です。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sak********さん

編集あり2016/6/2422:58:12

まぁ…イメージだけで…

占有権の意味理解してる?占有の意味が理解できない…受験生おおいからねぇ。分からないヒトにゎいつまでたっても分からない。


"占有の訴え"の中で"所有権"が"ある"から返さないと抗弁できないってこと。主張じたいが失当だょ。

それぢゃ"所有権"に基づく訴えをぉ提起してしまおうってことぢゃんっ☆

所有権があるのと事実状態のホゴをぉ分けて考えないと…占有の意味分からないママやで☆(^з^)☆

なんの勉強か知らないけど…司法系の試験なら民事訴訟法読んだほうがいいね…これ以外ならここまでの知識だけで充分だょ。

プロフィール画像

カテゴリマスター

zac********さん

リクエストマッチ

2016/6/2421:41:18

文字通りです。

民事訴訟がわからないとわかりませんが。

民事訴訟の知識がない人が読んでもわからないので、スルーしてください。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる