ここから本文です

下位運動ニューロン疾患についてたずねます。 弛緩性ないし末梢性運動麻痺を起...

pok********さん

2016/6/2522:24:00

下位運動ニューロン疾患についてたずねます。

弛緩性ないし末梢性運動麻痺を起こす部位についてまとめると、運動単位に分けて考えることが大切ですが、具体的に運動脳神経核の病変にはどんな

ものがあるでしょうか。

神経ー筋接合部は重症筋無力症ですし、軸索の障害はギラン・バレー症候群ですが、神経核の病変は思いつきません。延髄・橋の脳血管病変のことでしょうか。

閲覧数:
425
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

app********さん

2016/6/2717:40:04

そうですね、脳血管病変では神経核の病変がおきます。Millard-Gubler症候群における顔面神経核の障害が有名です。
他にも、脳神経に限った話ではないですが、ALSは神経核が侵される疾患と言ってもよいのではないかと思います。

  • 質問者

    pok********さん

    2016/6/2719:27:43

    脳血管病変が神経核の病変にあたるという私の知識が当たっていて良かったです。

    その他、回答いただいた疾患名は知りませんでした。ALSについて、もう一度復習します。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2016/6/27 19:28:16

ありがとうございました。

とても助かりました。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる