ここから本文です

今、約2000mのコースを2本自主練で走っているのですが、 これで100mな...

tak********さん

2008/4/2601:17:51

今、約2000mのコースを2本自主練で走っているのですが、
これで100mなどの短距離のタイムは伸びますか??

伸びない場合は長中距離と短距離のタイムの両方とも伸ばせる練習法などありますか??

教えて下さい。

閲覧数:
349
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kej********さん

2008/5/322:29:06

伸びるか伸びないかの二択でいくと「伸びる」ですかね。
しかし、短距離を速くしたいならスタートなどの技術面を鍛えた方がいいと思いますよ。

加速局面
・速度を上げるために、瞬間的に大きな力を発揮しなければならない局面。
・1歩1歩空き缶を踏みつぶしていくくらいの気持ちで地面に力を。
・肩甲骨・腰・接地点が一直線上に並ぶ前傾姿勢をつくる。
等速局面
・ゴルフボールが弾みながら移動していくイメージ。
・ひと言でいえば「なすがまま」。スピードを受け入れ、的確に地面を踏む。
・高速で足を回転させていくなかでも、力はしっかり地面に伝える。
減速局面
・後傾して当然の局面。後景して上手に走る技術を身につける。
・接地する場所を、等速局面よりやや手前にする。


腹筋と背筋を鍛える。
猫背、前傾姿勢は、踏み込みが浅くなりやすい短距離を走るうえで致命的。
あと、腕立て伏せもしておいたほうがいい。
・視線を常にまっすぐにして走る。
頭は動かさないで固定。力んで無駄に動きすぎることがタイムロスにつながる。最短距離で走ることを意識する。ビテオカメラで自分のフォームを録ってもらい、フォームチェックをすること。タイムもはかること。
・上半身に力を入れて走らない。
腕を振ることは大事。でも、下半身を十分に使って走るためには上半身を力ませない。太ももを意識(ひざを上下動させて走る感じで)して走る。足を後ろに流さないように意識し、すばやく前に持ってくる。
基本的には上記のようなことをすればいいと思います。
自分が取り組んで成果があったのはスタートダッシュ・スタートの反応の練習です。その時の方法を書いておきます。
☆反射神経は 夜中に暗闇で肩をたたかれた時にピクンとする感覚で覚えます。

・立った状態で手の合図にピクンとする事から始めてください。

・座った状態で合図で体を前にウデ振りを加えて見ましょう(上半身がハードルリングの後半の形になります)
軽くすることから徐々に速く反応を受けた動作も大きくして行きます。

・次は動作反応して見ましょう。
スタブロは使いませんがフォームはクラウチングで反応だけします。
飛び出しはしないで一歩反応にしてください。



☆瞬発力は通常ダッシュ練習などありますが、

・急加速の動作基本である感覚を先につけることが大切です。
一歩踏み出して体を前傾させながら重心バランスを前足に乗せ、前脚を後に引いてスタンディングで
スムーズにスピードを上げて20m程度走ります。

・この時スピードだけにこだわらず、傾きと接地場所、脚の動きを見てもらってください。
そのためにもゆっくりから始め、徐々に上げる事がチェックを伴う感覚練習には必要となります。

・動作欠点が有れば感覚練習と共に修正に取り組んでください。
同時に接地感覚を養う基礎練習を加えることも忘れないでください。

・問題点が少なければ十分日数をかけながら取り組み、感覚が出来てきたらスタートでダッシュ
練習をスタンディングでストライトを狭くして走ります。

・後はスタブロセットして無意識にダッシュ練習をしてください。
この練習は間にゆっくりした動作や基本動作、休息をはさみながら行うことがポイントです。

長くなりましたね(笑)以上のことを参考にしてくれると嬉しいです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・すいません、以前の自分の回答からのコピーです・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる