ここから本文です

はてなの利用中のサービスの増やし方が分かりません。 どなたか教えてください。 ...

yun********さん

2016/7/1312:36:04

はてなの利用中のサービスの増やし方が分かりません。
どなたか教えてください。
使っているサービスの増やし方です。
凄く基本的なことですけど分からなくて困っています。

サービス,何度か,ユーザー,増やし方,はてなブックマーク,はてな,43 Users

閲覧数:
33
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fon********さん

2016/7/2020:29:03

『全くの0から、はてなブックマークの数を劇的に増やす』手順

0.必要なものを準備する。

これからその方法をお話しますが、その前に準備しておくことがいくつかあります。下記のものは必要なものなので、予め準備しておきましょう。
•これから書こうとしている記事のテーマジャンル(グルメ、旅行、など一般的なカテゴリ)
•Twitterアカウント(既にいくつかツイートされていること)

準備できましたか? できたら、次に進みます。

1.『はてなブックマークをしてくれる人』を探そう。

では、『はてなブックマークをしてくれる人』を探しましょう。『はてなブックマークをしてくれる人』はどこにいるでしょうか?

もちろん、はてなブックマークです。

はてなブックマークに行って、あなたがこれから書こうとしているテーマジャンルと同じ記事を探しましょう。右上にある検索欄に、予め用意したカテゴリ(グルメ、旅行等)のキーワードを入れれば、今までブックマークされた記事がたくさん出てきます。

いくつか見てみて、これから書こうとしているテーマジャンルと同じような記事を見つけたら、その記事のタイトルの右側にある43 Users等と赤字で書かれたリンクをクリックして下さい。

43 Users等と書かれたリンクが、その記事がブックマークされた数を表しています。そのリンクをクリックして、記事詳細のページが表示されたら、”すべてのブックマーク”タブをクリックします。

すると、その記事をブックマークしたユーザーの一覧が表示されます。

そのユーザーID一覧をメモして、Twitterのプロフィールページを見てみます。
http://twitter.com/ユーザーID
です。表示されない人もいると思いますが、いくつかやってみると、アカウントが存在する人を見つけられるはずです。最近のつぶやきなども見てみて、Twitterをアクティブに使っているかどうか確認しましょう。

Twitterをアクティブに使っているようなら、その人こそあなたが探し求めている人です。

『Twitterもはてブも頻繁に使っていて、あなたのテーマジャンルに興味のあるユーザー』

この人が、あなたと、はてブをつないでくれる救世主です。

2.『はてなブックマークをしてくれる人』をフォローしよう。

敬意を表して、ぜひフォローさせてもらいましょう。あとは、彼(彼女)が、あなたがツイートしている内容を見て、あなたに興味を持ってくれることを祈るばかりです。

幸運にも興味を持って貰えれば、あなたのTwitterアカウントをリフォローしてくれることでしょう。

これを何度か繰り返し、『Twitterもはてブも頻繁に使っていて、あなたのテーマジャンルに興味のあるユーザー』の10数人程度にフォローされた状態にして下さい。

これで、準備完了です。

3.記事を書こう!

次に、予め用意したテーマジャンルの記事を執筆しましょう。もう、あなたの記事に興味を持ってくれる人は誰なのかわかっています。あとは、あなたが記事を書くだけです。

目の肥えた彼らに差し出すわけですから、中途半端なクオリティではブックマークしてくれません。彼らを満足させられるように、質の高い記事を書きましょう。

4.記事を投稿し、Twitterで告知しよう!

記事がかけたら、ブログやサイトに投稿し、あなたのTwitterアカウントで、記事を更新したことを彼らに伝えましょう。

5.いざ、ブックマーク!

ここまできたら、ブックマークされるかどうかは、あなたが書いた記事次第です。
彼らの満足いくものであれば、必ずブックマークしてくれます。

これを何度か繰り返すことで、はてなブックマークの数は増えていきます。ホッテントリを目指して、良い記事を書くことに専念しましょう!

『ユーザーの興味と、提供できるコンテンツを繋げる』ことがインターネットの本質だ

インターネットの歴史とは、すべからく『“人”と”興味”を繋げてきた歴史』です。

ポータルサイト、掲示板、質問サイト、検索エンジン、リコメンドエンジン、検索連動型広告、ブログ、SNS、これらはすべて、ユーザーがどのようなことに興味を持ち、その興味をいかに満たすか、そのために必要なものは何か?という思考で設計されたサービスです。

表面的なサービス提供の仕方は違いますが、すべては人の興味を満たすために存在するものです。

リーンスタートアップで例えると

今回やったことは、プログラム等は使っていませんが、『手作業でユーザーとユーザーの興味が繋がる』ようにしたということです。

あなたがプログラミングができるのであれば、このロジックを元にプログラムを書くこともできるでしょう。この方法は、はてぶ以外にももちろん使えます。

『今回のように思いついたアイデアをまず、手作業でやってみて、効果があるか確かめる』

これがリーンスタートアップで言うところのMVPです。コードやサービスなどの形をなしてはいませんが、これが最小のサービスです。

リーンスタートアップの課題仮説と提供価値で考えると、次のようになります。

課題仮説

【ユーザ】:新しくWebサイトやブログを作ったサイトオーナー
【課 題】:サイトのアクセスアップに困っている。アクセスアップにははてブが有効だと知っているので、はてブをして貰いたいと思っている。


という課題仮説に対して、

提供価値

『Twitterもはてブも頻繁に使っていて、サイトオーナーのテーマジャンルに興味のあるユーザー』を見つけて繋げられれば、問題を解決できる。


というのが、提供価値です。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

ksn********さん

2016/7/1313:24:38

下記サイトの「はてなブログのアクセスアップに効果絶大な7つの方法。」をご覧ください。
http://www.sukinamonote.com/entry/2015/03/20/114500

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる