ここから本文です

踏切の一時停止について 信号機のない信号では、必ず一時停止をするように決め...

tsu********さん

2016/7/2812:39:33

踏切の一時停止について

信号機のない信号では、必ず一時停止をするように決められていますが、これは万が一遮断機が下りていない時に電車が通過したら事故になるからだと思います。
しかし

、このような遮断機の故障による事故は聞いたことがありません。
遮断機はなんらかの障害や、故障が発生すると自動で降りるようになっているという話を聞いたこともあります。
だとすると、遮断機があがっている状態では絶対に電車が来ることはないと思うのですが、一時停止に意味はあるのでしょうか?

閲覧数:
405
回答数:
9

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

muk********さん

2016/7/2923:38:58

遮断機が下りない状態で列車が通過したと言う事例は、多くはありませんが、実際にあります。
たとえば。。。。

2004年には、遮断機が下りずに車が踏み切りを通過。
直後に特急が線路を通過すると言う事故が発生しています。
この車は、風圧でリアガラスが破損したそうです。

また、昨年にも遮断機が動作しないまま、列車が通過した事例が発生しています。
三重県の近鉄湯の山線での出来事です。


これらの事例に自分が該当する確立は、非常に低いとは思います。
落雷に遭うより低いかも。。。

それでも0%ではありません。
一方、もし列車と接触事故になれば、高確率で死亡する事が予想されます。
もし死ななくても障害が残ったり、列車の運休による莫大な損害賠償を請求されたりと、とにかく電車との事故は起こすと大変です。

その事故も、踏み切り手前で一時停止し、目と耳で確認をすれば、防ぐことができるのです。

列車との衝突の甚大な影響を考えれば、踏み切りで一時停止には、十二分に意味はあると思います。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/8件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nit********さん

2016/7/2822:33:09

踏切での一時停止を求めるのは、運転者の安全を考えてのことです。
線路上に停止することなく横断ができるのか、それを確認するためでもあります。

発想力にかけているというか…車の運転に必要なものを満たしていないというか…ちょっと残念ですね。

sib********さん

2016/7/2816:46:14

踏切で一時停止をする意味としては
>>遮断機が下りていない時に電車が通過したら<<
これの確認ももちろん有りますが
踏切を問題なく通過できるかの確認が重要です

つまり踏切の向こう側が渋滞していたり
事故が発生していて踏切内で停車(立往生)すること無く
通過できることを確認の上踏切に進入しなくてはいけませんので

>>一時停止に意味はあるのでしょうか? <<
必要です

>>遮断機があがっている状態では絶対に電車が来ることはない<<
これも絶対では無いし

tan********さん

2016/7/2814:26:20

それほど多い事例でありませんが、遮断機故障はあります。

あなたが知らないだけのことです。


機械モノに絶対はありません。

nok********さん

2016/7/2814:26:15

遮断機がない踏切が日本にはあるからね。そのため踏切の停止が今も残ってる。全国統一で決められているから無くす事は出来ないんだよ。

プロフィール画像

カテゴリマスター

qqr********さん

2016/7/2813:15:55

まず質問者様は大きな勘違いをしています。意味があるから踏切は一時停止しなければならないのではなく道交法という法律で定められてるからしなければならないのです。

日本は法治国家ですので法に定められてることは意味や納得がいかなくても従わなければならないということです。

意味がないというならまず道交法を改正する必要があります。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる