ここから本文です

浄土真宗の院号軸(法名軸?)について。 先日母が亡くなり、西大谷から院号の...

sho********さん

2016/7/2823:14:32

浄土真宗の院号軸(法名軸?)について。

先日母が亡くなり、西大谷から院号の書かれた掛軸が送られてきました。

私は実家から独立しており、頻繁に実家のお仏壇の前に座ることができませ

ん。

最愛の母に毎日手を合わせる為に母の写真をフォトフレームに入れました。そのフォトフレームが写真2枚用なのですが、母の顔写真と、もう一枚の方に院号の書かれた掛軸を撮影した物を入れようかと考えていますが、おかしいですか?

故人を拝むのではなく、浄土真宗は阿弥陀如来を拝むのだと幼少期に教えられた記憶があるので、掛軸の写真を入れるのは間違っているのかと気になり、こちらで質問させていただいています。

偶然ですが、送られてきた掛軸の台紙の色が母の好きな色であった事もあり、手を合わせる時に、より母の事を思い出せるという理由もあります。

まだまだ涙の止まらない日々を過ごしており、少しでも母を側に感じたいのです。

アドバイスよろしくお願いします。

閲覧数:
1,277
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

den********さん

2016/7/2900:18:20

浄土真宗系の教義では、仏壇に阿弥陀さんと関係のない写真を置いてはいけませんし、法名軸は位牌の代わりでは無く、単なる法名を記した紙でしかありません。
つまり、どちらの写真もどのように取り扱おうが、仏壇内でないならば問題ないでしょう。
私は僧侶で、毎朝の勤行時に両親の回向も行うのですが、数年前に亡くした母親を思い出し、涙が出る事がありますね。
不思議と、父親を思いだして涙が出る事はありませんから、母親の存在は大きいですね。
他人に言わせると、単なるマザコンだと言われますがね。

質問した人からのコメント

2016/7/29 16:05:32

解りやすいアドバイスありがとうございます。写真は実家のお仏壇には勿論入れておりませんし私が今回用意したアルバムは携帯用ですので大丈夫そうです。
母親の存在、大きいですね... お母様を亡くされた皆さん、どの様に乗り越えていらっしゃるのか...と考えてしまいます。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

nak********さん

2016/7/2823:49:25

そうですね、仏壇の前では阿弥陀さんを拝むのです。

お母さんは、阿弥陀さんが観音さんやら勢至菩薩を引き連れて、お浄土に送り届けました。
お母さんはこれから阿弥陀さんの下で暮らしていかれる、ですから何の心配も要りません。
「阿弥陀さんにお任せします・・・」、これが「お念仏」の意味です。

さて。
御法号の軸をいただかれた、私の家は真言宗なので、そのような風習はありませんが、おそらくは仏壇に掛ける形式になってるのだと思います。
その場合であっても、中央はやはり阿弥陀さん。

「仏壇」っていうのは、仏さまを供養する聖なる場、の意味なんです。
しかし、そのフォトフレームは、あなたのお宅の仏壇に飾られるわけではないのですから、お写真と、御法号の軸であっても差し支えはありません。

でね。
いつまでも泣いてちゃいけません。
それをお母さんが喜ばれるとは思えない、「頑張って生きて、幸せになりなさい」、お母さんはいつもそう思っておられるはずですよ。

供養というのは、「喜ばせる」ことなんです。
どういう生き方をすればお母さんが喜んでくださるか、だよね?
ですから、あなたらしい笑顔を取り戻しなさいね。

南無阿弥陀仏。合掌。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる