ここから本文です

バイクのプラスチックの部分を塗装したいのですが、塗装のコツやオススメの品を教...

sea********さん

2016/8/1314:43:22

バイクのプラスチックの部分を塗装したいのですが、塗装のコツやオススメの品を教えて下さい

一応詳しく言うとライブディオzxのサイドカバーを塗装します。

閲覧数:
1,767
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

vin********さん

2016/8/1607:46:26

下地剤ってのが必要。

有名なのが『ミッチャクロン(いやマジであんのよww)』これを使うと上手く塗装が載るよ。

但し!ミッチャクロンをそのまま塗っても剥がれる。

理由はプラ(樹脂)製品ってのは油(油脂)を含んでるから油膜で弾く。

だから必ず“脱脂”する事!

サイドカバーを脱脂剤で充分に脱脂して自然乾燥させたら→ミッチャクロン→乾いたら→塗りたい色→乾いたら→仕上げ剤→乾いたら→軽くペーパー掛け→脱脂→仕上げ剤→乾いたら完成!

塗りたい色に依っては、ミッチャクロンの後に“白”を塗ってやると明るい発色になるよ!

例えば『赤』って言っても、くすんだ赤から明るいオレンジに近い赤もある。

通常の赤を考え無しに塗ってもキャップ(見本)みたいな色には成らない。

ベースに白を入れて、上掛けで赤を塗ってやると明るい赤になる。

いわゆる、「暖色系」ってのは白をベースに入れてやると明るい色になる。

逆に「暗色系」ならそのまま、何度も重ね塗りすれば仕上がりも良くなる。お奨めはマッドブラック!

  • vin********さん

    2016/8/1607:47:42

    補足=マッドじゃなく、マットだったw

    日本語なら“ツヤ消し黒”って奴だす。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

def********さん

2016/8/1808:33:58

ウレタン塗料、おすすめですよ。1缶3000円ぐらいしますが…
塗装が下手でも綺麗に塗れます。

njc********さん

2016/8/1607:50:22

調べればいくらでも出てくるだろうに。

オススメはこれだな
http://www.youtube.com/watch?v=jMaz1Uaz3Ts&sns=em

mah********さん

編集あり2016/8/1606:24:25

ライブディオzx乗りです!
ちなみに親父が塗装屋で
全塗装経験もあります。

ラッカー厳禁と他の回答者が書かれていますが下地をしっかり作ればラッカーでもに塗ればある程度長持ちするのでお金が無ければラッカーで全然大丈夫です。お金があれば車両専用を買いましょう。
まず準備する物として
塗料(サフェーサー、クリアー、塗りたい色)
パーツクリーナー、シンナー、コンパウンド、水、耐水ペーパー(99工房の耐水サンドペーパーセットをおすすめします)、塗装ブース、プラスチックの部分を外すのがめんどくさければ塗りたくない所にマスキングしておく


まず下地作りから、水をかけながら600番のペーパーで研ぎます。
水を拭き取りパーツクリーナー又はシンナーで全体を脱脂\_(・ω・`)ココ重要!
3回ぐらいに分けながらサフェーサーを塗りしっかり乾燥させ、パーツクリーナーで脱脂
次に色塗り。
塗りたい色を時間をかけてゆっくり塗っていきます。
薄く薄く塗り重ねていく感じです。全体にムラができたり垂れるとおかしくなるので気を付けながら慎重に

数日乾燥

最後に仕上げ、コンパウンドで磨き、パーツクリーナーで脱脂。
クリヤーを際ほどと同じ様に塗る、案外厚塗りした方が綺麗です。あと夜に塗ってると色がボケるので必ず昼間にやってください
完成です。

他の回答者の方が耐水ペーパーはゴミが付着するからNGとおっしゃってますが何の為に水を流しながら研ぐかをあまり理解してないみたいです( ̄▽ ̄;)
文字で理解するのも限界がありますのであくまでも参考までに…
動画がわかりやすいですよ♪

ライブディオzx乗りです!
ちなみに親父が塗装屋で
全塗装経験もあります。...

bik********さん

2016/8/1320:05:01

間違ってもアサヒペンなどのラッカー塗料は使わない事。

必ず車両専用の塗料を使って下さい。

ディトナMCペインター、99工房、ホルツなどの事です。

下地は脱脂したのちプライマーサフェーサーを吹き乾燥したら、800番のペーパーで空研ぎ。耐水ペーパーはゴミが付着するからNG!意外と解ってない回答者が多いから注意!

足付けしたらカラー塗装。薄く3回で染まるでしょう。

軽く乾燥したら、上塗りで2液ウレタンクリヤーを3回位吹く。


充分乾燥させたらゴミなどが付着してるので2000番の耐水ペーパーで研ぎ。その為のクリヤーを厚塗りします。

コンパウンドは細目、極細、超極細の順番で磨き完成します。


特にクリヤー塗装は垂れる寸前が良い艶になりますが、缶スプレーのシンナーは速乾タイプの為、正直今の季節ではゆず肌になり易いよ。気温20℃位がお勧め。


塗装に関しては簡単なようで奥が深い技術です。

間違ってもアサヒペンなどのラッカー塗料は使わない事。

必ず車両専用の塗料を使って下さい。...

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

zut********さん

2016/8/1314:54:09

塗りたいパーツを取り外すか、マスキングをしっかりやること。

キレイに洗ったら、軽くペーパーをかけて表面を曇らせてください。

パーツクリーナーでよく脱脂と洗浄をしてください。


サフェーサーを吹いてからしばらく乾燥させる。


ペイントを吹く。1度に仕上げないこと。

薄く薄くです。時間をかけて吹く。

数日は日陰で乾燥させる。

パーツクリーナーで脱脂したら、コンパウンドで表面を仕上げる。

よく脱脂する。


クリアを吹く。



完成です。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる