離婚後の共同養育、共同親権について。 http://oyako-law.org/swfu/d/20160817yomiuri.pdf この法案提出によって、日本の家裁は変わるでしょうか?

離婚後の共同養育、共同親権について。 http://oyako-law.org/swfu/d/20160817yomiuri.pdf この法案提出によって、日本の家裁は変わるでしょうか? 離婚後共同親権は加速されるでしょうか?何故かニュースにも記事にもなってませんね。 読売新聞のみが記事にしています。 何か圧力でのあるのでしょうか? 大ニュースだと個人的には思っていますが。

政治、社会問題 | 家族関係の悩み147閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

1人が共感しています

ベストアンサー

0

民法766条が改正されてもビタイチ進化しないのが日本の家裁です、期待しすぎは禁物かと。 tikuhouさんは、おそらく千葉家裁松戸支部での裁判結果についてもご存知だろうと思いますが、裁判が出たのが3月、今のところ「フレンドリーペアレントルール」に基づいた判断は千葉家裁松戸支部での裁判以外聞いておりません。 あれだけ報道され世論の支持を集めても「俺様裁判官」は「これまでの俺様の判断こそが正義ナリ!」を続けているのでしょう。 連中に自浄能力はありません。 提出され、成立し、最高裁から法改正に従うよう通達され、利用者から法改正趣旨に基づいた審判を求められ、それでもおそらく無視する。 「裁判所が立法府の決定を無視してんなよ」で抗告を受け、高裁が抗告を受理して「やり直せ」となれば、「高裁にやり直しを命じられる審判をした」ということはマイナス査定になるとちょっとびびる、それで初めて「変化する」かなあと… せいぜいそんな所じゃないかと思っております。 読売以外では報じられていませんが、「原案をまとめて提出の予定」レベルで記事になるということが、むしろ「読売GJ!」だと思っております。 成立すれば、さすがに報道されていくでしょう。 この記事に関して、弁護士の早川先生がブログを書いておられるので、こちらも是非。 http://ameblo.jp/gusya-h/entry-12192387587.html

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとう!

お礼日時:2016/8/25 21:35