ここから本文です

豊臣秀吉正室北の政所ことおねは、何故豊臣家が滅亡するような行動をしたのでしょ...

アバター

ID非公開さん

2016/8/2600:55:07

豊臣秀吉正室北の政所ことおねは、何故豊臣家が滅亡するような行動をしたのでしょうか?

①関ヶ原の合戦の前に金吾中納言に家康に味方するようにと指示。
②秀頼を見捨てて?

京都へ隠棲し茶々の専横を許した。あのまま大坂城にいたら
豊臣子飼いの武将は城を囲んだとは思えない。
③大阪の役の時秀頼の助命嘆願をしなかった。

豊臣家の滅亡を助けたとしか言えないような振る舞いです。
秀頼には自分の血は流れていないとしても、これでは豊臣家への
愛情は全くなかったのでしょうか??もしくは秀頼の父親は秀吉ではないと
見抜き見限ったのでしょうか?

閲覧数:
1,900
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kan********さん

2016/8/2810:04:09

①黒田長政、浅野幸長が北政所の名前を出して小早川秀秋を説得しようとしていますが、北政所の意思ははっきりしません。「北政所様のために奔走しなければならない我々だから貴方に家康への忠節を求めているのだ」とつづっており、これはむしろ北政所と家康の距離を暗示しているとの指摘もあります。
また、淀殿と連携して東軍に寝返った大津城を開城させています。この行動は家康に疑問視され、北政所の侍女孝蔵主ら開城工作に直接関わった者の処分が検討されています。
②豊臣秀頼が大坂城に移ったら、北政所は伏見で隠居することは秀吉が生前から構想し、秀吉は一年の三分の一を伏見で過ごすことにしていました。秀吉は亡くなったものの、北政所を退去するのは規定路線だったように思います。その前から京都にいることが多く、頻繁に豊国神社を参詣しているので、秀吉の菩提を弔う役目を担ったとも言えるでしょう。
淀殿とは関ヶ原後も連携していることが明らかにされています。北政所(高台院)は豊臣家と朝廷や幕府を結びつける役割を担い、彼女の屋敷の補修も秀頼の金で行われたようです。秀頼が病気になると祈祷を依頼しています。
③大坂の陣が発生すると、大坂城に向かっていますが途中で引き返します。幕府方に止められた可能性もあります。夏の陣でも、甥の木下利房は家康から参陣を許されず、北政所が大坂へ向かわないよう監視を命じられています。

秀頼非実子説はそんなに支持はされていませんので、それを前提にはすべきでないでしょう。

アバター

質問した人からのコメント

2016/8/29 23:18:48

みなさん、回答ありがとうございました。
わかりやすい解説いたみいります。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

oni********さん

2016/8/2918:45:29

近年の研究では、家康と親密で東軍に加担したと言う見方には疑問がもたれているそうです。また、金吾に関しては「もっと優しくしてやれよ」と秀吉に言われるほど。このような説もあることを承知の上で書きます。

いうまでもなく秀頼の母は高台院ではありません。高台院は実家の権威があるわけでもないですし、実子もいません。淀殿を押し退け大坂城を取り仕切るには裏付けとなる実力はないのです。

これが前田の芳春院くらい子どもを産んで婚姻政策に貢献すれば、血の繋がらない当主も尊重するでしょうが。

また、正則や長政などは実の子同然に彼女が育てたといわれます。また関ヶ原の後は、実の甥らの便宜を図る行動もとっていたようです。血も情も繋がりが浅く、どうにもならない豊臣家を守るより、その子たちの身を案じたのかもしれません。

tom********さん

2016/8/2810:51:25

滅亡を招いたのは淀殿です。
お姫様でしたから仕方なかったのかもしれませんが、
もう少し世のすう勢を見極める目を持っていたなら、
前田利家の正妻おまつがしたように、
江戸に人質として出向けばよかったのです。
妹のお江が秀忠の正妻になっているのです。
姉妹でのんびりと贅沢して暮らせたはずです。
もちろん秀頼の命も失うことはなかったでしょう。
徳川に守られてという条件のもとにですが、
関白太政大臣にも就任できるでしょう。
藤原氏や源氏の貴族と同じように。

お寧がすべきは徳川への助命嘆願なんかじゃありません。
むしろ大阪方の武装放棄命令です。
秀吉の正妻なんですから、
淀殿や秀頼が何を言おうともお寧にはその権利があります。
先ほどおまつのことを言いましたが、
織田家の下級武士の娘として育った女どおしです。
力で勝てないことが分かっている相手にはどうふるまうべきか、
それがわかっていたと思います。

僕はそうしたんじゃないかと思っています。
三成亡き後の福島正則たちの行動を考えると、
僕はお寧から大阪方には加わるなという命令があったんじゃないかと思っています。
淀殿や秀頼が自尊心のために死ぬのは本人の勝手だと。
でもお前たちは生きろと。
お寧と秀吉一代で作った豊臣家です。
子供のころから慈しみ育ててくれた母親同然の高台院からの命令に逆らうはずがありません。

jap********さん

2016/8/2711:18:02

本人に聞いてみないと分かりません。

kei********さん

編集あり2016/8/2615:49:50

秀吉の妻のねねは
美人で頭が良く、人間的にもそれはそれは良く出来た人だったそうです。

ですから過去の大河ドラマでも、そう言う感じの女優さんが演じて来たでしょう。

ねねは、戦乱の世に逆戻りにならないように、
徳川に任せるのが一番良いと
考えていたのです。

そのためなら豊臣家は
一大名に成り下がっても良いと。

淀殿と秀頼の助命嘆願は
千姫もしましたが、
家康は許しませんでした。
豊臣家を完全に潰すのが家康の最後の仕事だったのです。

yas********さん

2016/8/2604:13:15

豊臣公儀を潰したかもしれないが、豊臣家を守る働きをしました。関ヶ原の後、秀頼がうまく大人の対応していれば、残ったろうし恩顧大名も数家は味方したろうから大阪陣が起きたかもわからない。


最後の助命嘆願は意味がない。滅亡を先延ばしにする廃流や仏門入りだけ。栄光を汚すだけ。実子でないから秀頼の命より、豊臣の栄光を後世に残す事を選んだだけ。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる