ここから本文です

家の完成見学会について。 この度マイホームの完成にあたりハウスメーカーの見学...

mif********さん

2016/8/2808:23:04

家の完成見学会について。
この度マイホームの完成にあたりハウスメーカーの見学会場としてわが家を使う事となりました。
その際、見学会が終わってすぐの状態で家に行ってみると施主支給のエ

アコンがこちらに確認なく使ってありました。
また、こちらが用意した家具数点の上にチラシや本や額に入れた絵がずらりと並べてありました。小さな椅子ではありますが私たちが設置した場所から移動してあり上にカタログが置いてありました。ガスレンジの上にもハウスメーカーが用意した鍋なども置いてあり、ひとつひとつ夫婦で集めた思い入れのあるものだったのですごく残念に思いました。
私たちの気持ちとしては、見学会の後引き渡し後に家具を入れる予定で進めていたのですがハウスメーカー側の都合で見学会が2週間ほど遅れ、その話の際に家具類は先に設置してもよいという事になりました。養生をするという話もありました。
正直、見ていただくのはいいと思います。エアコンの使用も家具の上にチラシを置く事も先に確認の言葉があればOKしていたかと思います。私たちが家具や設備に思い入れがあるのを知っていてこの状態はすごく残念に思いました。
しかし私たちも初めての事で他のハウスメーカーがどうなのかわかっていません。
これはよくある事、当たり前の事なのでしょうか?
教えてください。よろしくお願いいたします。

閲覧数:
715
回答数:
6
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nex********さん

2016/9/309:59:12

うちも見学会をしました。
家具の移動や物を置くことについて、自分は、それを踏まえたうえで了解していたのでなにも思いませんでしたが、
質問者様は他の方の見学会に行かれたことはなかったのでしょうか??

正直、その程度のことは当たり前だと思います。

逆にもし、見学会の前に、
家具に触らないでください、扉を開けないでください、等いろいろと注文をつけられると
ハウスメーカーの方も別の家にお願いするでしょうし、見に来られる方もあまり参考にならないのでは、と思いました。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ma1********さん

2016/8/3007:33:22

うちも見学会で使われて少し嫌な思いをしました。

うちの場合、ハウスクリーニングや修繕の後に見学会となり、その翌週から引っ越しという感じでした。

引っ越し前にチェックしていると、所々キズや汚れがありました。
見学会でついたの汚れなのか、補修漏れだったのかはわかりませんが、気持ち的には良いものではなかったです。

すぐに気づいた箇所は補修してもらいましたが、引っ越ししてから自分たちでつけたのか、誰かがつけたのかわからず、細かかったのでもういいや、となり、結局そのままになった部分もありました。

また当時は造作のテーブルなども別途、家具屋さんに依頼していて、見学会には間に合わなかったのですが、もし間に合っていたらメーカーは使う気満々だったようです。

同じ様に楽しみにして思い入れのある家具を、自分たちよりも先に見学会で使われていたら怒っていたと思います。

sas********さん

2016/8/2811:31:33

良くあることだと思います。私も数社の見学会に何度か参加したことがありますが、多くはおっしゃるような状態でした。ただ、気を使って玄関先は養生してあり、スリッパと手袋は用意されているところが多かったです。会社の体質や営業の人間性によっても変わるかと思います。恐らくそれらは日常化されているため、当たり前になりすぎて確認まで気が回らなかったのだと思われます。

mem********さん

2016/8/2811:19:43

ハウスメーカーによって対応が違うと思います。

質問者さまがおっしゃるように
完成見学会ですから もう少し、
施主さんへの説明があってよかったと思います。


うちは、引き渡し後の見学会でしたが、
チラシなどは
家に入る前に配られていました。

har********さん

2016/8/2811:16:54

担当営業マンが、気を使えないのと、みんなに見て欲しいという施主さん双方が招いた結果だと思います

goo********さん

2016/8/2809:19:52

日常的なことです。
そもそも、顧客の新築住宅を自社の展示場として使うこと自体が顧客のことを考えていない会社ということなのです。また、そのことに承諾した相談者側にも考え方に浅はかさがあったわけです。
個人所有になる予定の建物の間取りを詳細に赤の他人に見せることを承諾するということは、2つの問題を抱えています。
一つは、プライバシーの開放ということです。見ず知らずのどのような考え方をもった人間かわからない人達に家の間取りを開放するということは、防犯上問題ということを事前に気が付かねばなりません。
もう一つは、住む前に中古になるということです。
住宅展示場(モデルハウス)というものは、一般の住いとは違い、短期間に非常識な一般人が多く足を踏み入れる場所です。来場する側の人間は、その建物を単にモデルハウスつまりは見本品としての考え方だけで来場します。他人の持ち物であり、メーカー側が用意した見本品という考え方である限り、きれいに使おうなどとは考えません。相談者に対しては新築ですが、その他の人間にとっては、単なる見本品なのです。建築会社側も施主の気持ちなどはまず考えていません。自社の集客拠点としての場所だと考えており、また、サラリーマン住宅営業ならなおさら、商品を大事にという考え方などはありません。
その結果が、相談者が感じた状態なのです。
自分の新築をモデルハウスに使用することを承諾した瞬間から、このような事態に陥ることは住宅の専門家であれば簡単にわかることですが、一般素人ではメーカー側に自分たちの気持ちを反映させて、無駄な期待をしているだけにすぎません。
今、行えることは清掃と傷消しぐらいですが、トイレが使用されていなかっただけましだと考えるようにした方がよいでしょう。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる