ここから本文です

ニューシネマパラダイスのサントラを買おうと思ったのですが、16曲収録のものと23...

sta********さん

2016/8/2823:44:07

ニューシネマパラダイスのサントラを買おうと思ったのですが、16曲収録のものと23曲収録の完全版との2つのタイプがあることを知り….。
曲目見ても、自転車のテーマという曲以外は完全版じゃな

い方にも収録されていて、完全版には重複する形で同じ曲が2曲入ってますよね…?
アレンジが違う、とか長さが違う、とかの理由で2曲入ってるのかなぁと思うのですが…。
私が観たニューシネマパラダイスは完全版ではなく劇場版?なので、完全版の映画に即した完全盤サントラならば、別に完全盤じゃなくてもいいのかなぁと。
実際、サントラの2バージョンは何が違うのでしょうか?

閲覧数:
245
回答数:
3
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hir********さん

2016/8/2917:06:10

完全盤が出る遥か前に発売された16曲入りのCDの輸入版を所持しております。完全盤もいつか入手したいと思っておりますが、未だ持っておりません。

ご質問の回答になっていないかもしれませんが、サントラ盤について語らせてください。

一般にサントラ盤で完全版(完全盤)と言うのは、映画の完全版の音楽と言う訳でもなく、その映画の為に作られた音楽を、劇中使用したしない無関係に全て網羅した物だと思って良いかもしれません。
ただし、厳密に言えば一時「完全盤」と打って出ても、実際には諸事情で音源全てを載せることが出来ず、後から更なる曲の追加がある場合も有ります。
私もそうですが、サントラマニアは普及版よりも完全盤を好みます。追加されている音楽が劇中で使用されていなくとも、単独の音楽として聴きたい為です。
また、マニアですと完全盤が出て入手しても普及盤を手放さない方が多いと思います(私もそうですが)。

さて、同一曲のバージョンの違いについてですが、作曲者が曲自体を別アレンジで作る場合も有りますし、同一楽譜を演奏する楽器を変えたり編成を変えたりして流用する場合も有ります。
そして、劇中に異なるバージョンの曲全てが流れる場合も有りますし(サントラ盤中では曲名が同じ為、数字を付けたり、付けずにそのまま同一曲名のままの場合も有ります)、1曲しか流れない場合も有ります。また、劇中に流れた曲やバージョンがCD未収録と言うことも度々有ります。
サントラ盤と言うのはその位バリエーション等豊かで、悩ましい位奥が深く研究すると面白いものです。

完全盤が出る遥か前に発売された16曲入りのCDの輸入版を所持しております。完全盤もいつか入手したいと思っております...

  • 質問者

    sta********さん

    2016/8/2921:52:45

    奥が深いですね…。
    完全盤を買うと中古でもそこそこするので、16曲の方にしようかなぁと思ってたのですが、この話を聞くとどっちも欲しくなりますね…。
    回答ありがとうございました!

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2016/9/3 21:00:26

ありがとうございました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tor********さん

2016/8/3008:29:46

YouTubeにあります。
聴いてみるとよいです。
16曲版
https://www.youtube.com/watch?v=Rkk0tItcFjs
01 - CINEMA PARADISO
02 - MATURITY
03 - WHILE THINKING ABOUT HER AGAIN
04 - CHILDHOOD AND MANHOOD
05 - CINEMA ON FIRE
06 - LOVE THEME
07 - AFTER THE DESTRUCTION
08 - FIRST YOUTH
09 - LOVE THEME FOR NATA
10 - VISIT TO THE CINEMA
11 - FOUR INTERLUDES
12 - RUNAWAY, SEARCH AND RETURN
13 - PROJECTION FOR TWO
14 - FROM AMERICAN SEX-APPEAL TO THE FIRST FELLINI
15 - TOTÓ AND ALFREDO
16 - FOR ELENA

23曲版↓
https://www.youtube.com/watch?v=-6sNES3K14M
1. Cinema Paradiso - Main Theme
2. Maturity - Maturità
3. Love Theme - Tema d'Amore
4. Childhood and Manhood - Infanzie e Maturità
5. While Thinking About Her - Ripensandola
6. Cinema on Fire - Cinema in Fiamme [Extended Version]
7. Love Theme - Tema d'Amore [Version 2]
8. Totò and Alfredo - Totò e Alfredo
9. After the Destruction - Dopo il Crollo [Extended Version]
10. Love Theme for Nata - Tema D'amore per Nata
11. Visito to the Cinema - Visita al Cinema
12. First Youth - Prima Gioventù
13. Four Interludes - Quattro Interludi
14. Runaway, Search and Rescue - Fuga, Ricerca e Ritorno
15. From American Sex Appeal to the First Fellini
16. Love Theme - Tema d'Amore [Version 3]
17. Projection for Two - Proiezione a Due
18. Totò and Alfredo - Totò e Alfredo [Version 2]
19. Bicycle Theme - Tema della Bicicletta
20. Visito to the Cinema - Visita al Cinema [Version 2]
21. Maturity - Maturità [Version 2]
22. For Elena - Per Elena
23. Cinema Paradiso [Final]

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

hen********さん

2016/8/2913:06:58

私も
「ニューシネマパラダイス」のサントラ
を所有していないので、聴き比べをしたわけではありませんが、
一番可能性が高いのは、録音していても実際に映画内では使用しなかった
・「別テイク」
(同じ曲を数度演奏録音したものの一つ)
だと思います。

実際、映像に合わせて演奏、録音するのですが、
微妙にずれたり、少し曲の一部を弄った、スピードを変えた、等
(アレンジというほどではない)
の録音の中にも素晴らしい演奏もあります。
CDを再発売にあたり、よく
「ボーナストラック」
として、新規収録することがよくあります。

特に、今回のように
「完全オリジナル版」のDVD(約170分)
(初公開版に約51分、60カットを追加)
を発売するにあたり、同じCDを出しても売れません。
新たにCDを発売するにしても、何か「目新しい収録」が無いと、
誰も改めて購入しないと思います。

また、「完全版」にその「別トラック」の曲が使用されているかどうかは、
判りません。
使用されていることもあれば、使用されないこともあるからです。


私なら、
もし、まだ購入していないサウンドトラックCDの場合、
より多くの曲が入ったCDを選びます。
その時、多少高価と思えて購入しなかったとしても、
後になって、
「こっちに収録されていなくて、あっちに収録されている曲はどんな感じだろう??」
と気にして買い直すより、良いと思っています。
おかげで、何度も買い直したCDは、多々あります。




映画ですが、
本来、劇場公開されたものは、大抵かなりカットが入っています。
特に昔の映画はその傾向があります。
監督は、「これも入れたい」「あれも入れたい」「語りたい」
と、可能な限り撮影しますが、
公開にあたり、大体公開時間が120分前後にまでカットが入ります。
理由としては、
・長すぎると観客がダレルかもしれない。
(狭い映画館の椅子に人が耐えられるのは、2時間程度?)
(集中できる時間の限界?)
・興行的にも、一日4回公開できるところ、長すぎると一日3回しか公開できないのであれば、劇場は前者を選びますね。
・一部(今回の場合、イタリア国内等)しか理解できないシーンもある。
・無くてもスト―リーに問題のないシーン
等々があると思います。

貴方が、1989~1990の初公開時(約120分)に見られたのでしたら、
「劇場版」ですね。
「完全版」DVDの発売、公開が、2002年ですから、
それ以降に観られたのなら、「完全版」の可能性もありますね。
Wikipedia【ニュー・シネマ・パラダイス】の項に、
「劇場公開版」と「完全版」の違いがほんの少し書いてありました。

「完全版」
という言葉をよく聞くようになったのは、
家庭用ビデオが普及してからだと思います。
個人が自宅でじっくり見る場合、時間はあまり関係ありませんね。
疲れたら、いつでも中断が可能です。
見たいところからの再視聴も可能ですね。

そこで、映画会社は、より多く、ビデオを売るために、
いろいろな、バージョンを販売することにしたのだと思います。

「ブレードランナー」などは、知られているだけで、
・初期劇場公開版(オリジナル劇場公開版、US劇場公開版)
・インターナショナル・バージョン(インターナショナル劇場公開版、完全版)
・ディレクターズ・カット(最終版)
・ファイナル・カット
があります。

この「ニュー・シネマ・パラダイス」も、
・ 国際版、「劇場公開版」(123分)」
(DVDでは「SUPER HI-BIT EDITION デジタル・リマスター版」)
・イタリアで上映された「オリジナル版」(155分)(日本発売は不明)
・「ディレクターズカット版」、DVD・ブルーレイ「完全オリジナル版」
(173分)
があります。

映画の場合、目的は、
・映像、ストーリーそのものを楽しむ場合
・音楽を主に楽しみたい場合
・両方とも可能な限り楽しみたい場合
があります。
貴方はどれですか?
微妙な音楽の違いを感じるのも一興だと思います。


つたない、稚拙な回答ですが、
貴方の期待する回答になっていれば、幸いです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる