ここから本文です

遺産分割調停申立の場合の生前贈与の計上 ーーーーーーー 死後遺産については帳...

アバター

ID非公開さん

2016/9/1007:27:25

遺産分割調停申立の場合の生前贈与の計上
ーーーーーーー
死後遺産については帳簿上から明確です。

生前贈与の問題は、多くの項目要件を算出しなければなりません
生前贈与が相続人の全員にほぼ等しい贈与になっている場合に
各相続人の所有現状を了解して認め合う処置、
持ち出さないで収めるにはどうすれば良いですか

文句を言う法定相続人が1人でもおれば、
そんなに簡単ではないですか

閲覧数:
54
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sak********さん

2016/9/1009:46:09

そうですね
その処置に同意しない人が一人でもいたらもめることになります

生前の贈与のうちでも、相続の時に問題となるのは特別受益と判断されるものだけです。
特別受益となるかどうかの判断は、それぞれの贈与を受けたときの状況によっても変わるので、なかなか難しい
質問者さんが、ほぼ等しいと思っていても、ほかの人は等しくないと考えるかもしれず、そうなると、生前贈与のうちどれが特別受益でどれがそうでないかについても話し合う必要が出てくるので、持ち出さないで収めることができず、面倒な話し合いが行われることになります

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2016/9/1010:24:11

    有難うございます
    特別受益についても検討して置きます
    次の別途の追問で―
    相続人Aが、被相続人の預貯金から数千万円を出金したものがあって、これが我が家族では目立った財産の大金です。

    はじめは、不当利得返還請求の提訴を考えていたのですが
    消滅時効の10年を過ぎてしまいました。

    仕方がないから、遺産分割調停の場に持ち出すつもりです
    相続人A氏が、引出した証拠を取り揃えられれば、その消滅時効の分も遺産分割の対象に計上できて、遺留分の対象になりますかね。
    どうですか

  • その他の返信(4件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

質問した人からのコメント

2016/9/16 16:39:27

有難うございました
参考にさせて頂きます

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる