ここから本文です

手塚治虫はマガジン・サンデー・チャンピオンには数多く連載しましたがジャンプと...

dai********さん

2016/9/1210:42:28

手塚治虫はマガジン・サンデー・チャンピオンには数多く連載しましたがジャンプとあまり縁がなかったのはなぜですか?

閲覧数:
123
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mao********さん

2016/9/1502:33:03

ジャンプは一番後発の漫画雑誌でした。
創刊時、手塚治虫、石ノ森章太郎、藤子不二雄、赤塚不二夫と声を掛けたようですが、他の連載が多いため断られた。そこで取った作が新人漫画で読者の反応を見ながら作品を出す。
そこから、男一匹ガキ大将、ハレンチ学園等が生まれました。


ジャンプは他紙に比べて全く違う雑誌作りをしています。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

mor********さん

2016/9/1211:01:12

他誌に比べて後発のジャンプでは、創刊当初から若手や新人の起用・発掘に力を入れていましたので、手塚氏の出番はなかったのではないでしょうか。
月刊ジャンプでは時々ゲストで短編を発表していましたが。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる