ここから本文です

フィリピンのドゥテルテ大統領がアメリカと共同の南シナ海哨戒活動を 行わないと...

rai********さん

2016/9/1407:30:35

フィリピンのドゥテルテ大統領がアメリカと共同の南シナ海哨戒活動を
行わないと表明しました。

ハーグ裁判所による中国の主張を否定した
判決も、自国のインフラ整備への中国からの援助を獲得する材料に
使う意向です。

南シナ海は中国とフィリピンだけの所有物ではないのに、フィリピンの
新大統領は自国の利益を優先する判断の様です。

フィリピンとアメリカとの結びつきは防衛面だけではなく、経済においても
非常に強いものがあります。 今回の件でフィリピンのアメリカ離れと
中国依存がはっきりした形です。

これら前政権・前大統領による外交的な約束を反故にして、
中国との関係を強化するドゥトルテ大統領とその政策転換について
フィリピン国民の反応をご存じの方がいらっしゃたら、是非生の声を
聞かせて下さい。

フィリピンにも対中警戒派もいると思いますし、前回の大統領選挙で
ドゥトルテ候補を支持した人たちは、この親中政策も支持しているので
しょうか?

一部のマスコミでは90%近い支持を得ているとの報道もありましたが。

閲覧数:
274
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

wan********さん

2016/9/1913:48:41

フィリピンのドゥテルテ大統領がオバマさんに、米比戦争における米軍の虐殺を持ち出して、「お前ら、人権なんて言えた口かよ」と言ってしまいましたね。
笑っちゃいました♪
南海問題は、日本とベトナムがアメリカの指示で批判しているだけです。
フィリピンは、中国重視に転換を始めました。
あと、ベトナムでは賛否両論あります。

もともと、フィリピンではアメリカを嫌う人が多いのです。
フィリピン人を騙して、戦争に協力させてスペインをやっつけたらフィリピンを独立させてあげるねと言っていたのに、頑張ってスぺインやっつけたら、アメリカの植民地にされて奴隷にしたゃったのですから仕方ないですよね。
そのうえフィリピンとアメリカの戦争です。この戦争で、米軍は民間人の大虐殺をやってしまいました。

南海の仲裁裁判でも、そもそも国際海洋条約にも加入していないし、他国で悪事ばかりしてきたアメリカがフィリピンを利用しようとしていた頃に賛否両論もありました。
フィリピンに中国を敵視させつつ、アメリカは、中国と大の仲良しです。
海軍だけが争っているだけですけど、南海での航行の自由作戦の時に、米国海軍と中国海軍は合同演習を1週間もしてましたよ。
この自由作戦は日本からお金を回収するためのperformanceですよ。

いまは、フィリピンと中国の南海問題で関係のない日本が暴れはじめているから、中国軍とロシア軍は南海で日本上陸に備えた合同演習をしてますよ。
仮想敵国はないといいながら、専門家は島の北方からロシア、その逆方向から中国、そして作戦内容や想定している地勢をみても、日本ですよね~と陳博士が言ってました。
日本は無害通航権もあるのに、理論の成立しないシーレーンが理由みたいです。
そんなこと言ったら、私たちも太平洋に出でないよと笑う人もいます。

アジアにあるアメリカの奴隷国にはわかりません。

  • wan********さん

    2016/9/1914:02:41

    アメリカは、こう思ってますよ。
    彼ら10歳だと思ってたけど成人だった。
    アジアに12歳の子供は日本だけだったのかな~。
    おなじYellowなのに生意気。とね♪

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2016/9/20 19:12:48

大変勉強になりました。有難うございます。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

all********さん

2016/9/1414:03:02

残念ながら国民の目は麻薬撲滅政策とミンダナオのアブサヤフの動向だけに目が向いており、南シナ海については、中国とドゥテルテのやりたい放題の状況になってきました。
同様の質問にも回答してきましたが、フィリピンはもう既に華僑に経済も政治も握られている状況です。
中国は恐ろしい国です。マルコスの時代から虎視眈々とフィリピンを手に入れることを考えてきました。
故アキノ上院議員の暗殺、マルコスの追放もフィリピンの富を華僑が握るための策略だったとさえ言われているのです。
スービックやクラークに駐留していたアメリカ軍を追いやったのもピナツボ噴火の影響と言われていますが華僑の意志です。
ドゥテルテ氏は名前はスペイン系の末裔ですが、母親の華僑の影響をしっかりと受け継いでいます。
選挙の時から中国とは対話を優先させると言ってきましたし、何かにつけて中国との協力体制を口にするようになってきました。
また、外貨の獲得の意味ではアメリカに露骨なことはしないと思われていましたがアメリカとの距離を突然、更に遠退けようとしています。
イスラム過激派に対抗するためにミンダナオ島南西部に展開するアメリカの特殊部隊も出て行ってもらうべき・・・と発言してしましました。
中国の経済力を利用して国の発展をもくろんでいるならまだしも、フィリピンを一党独裁のミニ中国か中国の属国にでもしたいような魂胆があるようにさえ思えます。
なお今後、中国が各種インフラ整備に中心的となることは目に見えていますが、これは労働者から調達資材まですべて中国からセットで続々と供給されることであり、中国労働者がフィリピンに居座ることになります。
既にフィリピン人のアイデンティティは薄れてしまっているので華僑に奴隷のように安い賃金でこき使われていることにも貧困層の人達は無頓着です。
殆どの国民はこの貧困層なのです。
ミニ中国化して、さらに貧困の陥ることになることを誰も理解していません。
フィリピン人のアイデンティティを呼び覚まし、革命でも起こし得る英雄のような人物があらわれない限り、このシナリオが崩れることは無いでしょう・・・・
ドゥテルテ氏は、残念ながらその英雄ではないことに誰も気づいていません。
ASEAN諸国はフィリピンが中国包囲網の一国とはなり得ない一番信用できない国だと気付き始めました。
ここ1年、2年でフィリピンは様変わりしてしまうかもしれません・・・

sts********さん

2016/9/1407:48:06

フィリピンとチョロッと国交断絶だな

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる