ここから本文です

今回のリオオリンピックで日本人金メダリストで、 オリンピック初出場以外で金メ...

kei********さん

2016/9/1410:38:02

今回のリオオリンピックで日本人金メダリストで、
オリンピック初出場以外で金メダルをとった人っていましたっけ?

伊調は初出場で金メダルでしたし、内村や萩野も初出場でのメダリスト組ですからね。

唯一の例外が金藤選手だけのような気がします。

今回のリオオリンピック以外の過去の大会でも、金メダル獲得した日本人選手は、
80%以上は初出場で金メダルを獲得しているのではないでしょうか?

逆に3回も4回もそして5回以上も出場している選手って金メダルをとっていませんよね。
(当然伊調や吉田などの初出場金メダル組は除きます)

例を挙げれば、
水泳の松田や入江や卓球の福原愛とかは数多くのオリンピックに出場を果たしましたが、金メダルを獲得していません。
彼らは、今後何回出場しても、金メダルは絶対とれません。

出場回数は多いものの、過去金メダルはおろかメダルさえとったことの無い選手って意外と多いのですよね。
そういった選手たちは、今後何回オリンピックに出場しても絶対金メダルはとれません。
逆にメダルがとれないから、何回も何回ものオリンピック出場に執着しているのですよね。

冬季オリンピックの上村愛子が良い例でしたね。

今回、水泳の若い池江選手が注目されましたが、
彼女も、今回がピークだったのですよね。
もう次回東京オリンピックでの活躍は無理どころか、出場さえもできないでしょう。
今回惨敗した平泳ぎの渡部香生子が良い例ですね。
もう彼女のピークはとっくに過ぎていたのですね。

スキージャンプの高梨沙羅も同じ匂いがプンプンしますね。
ソチ五輪で初出場での金メダルを逃した彼女は、間違いなく今後何回オリンピックに出場しようが金メダルはとれないでしょうね。

まあ、超例外の金藤選手はあの容姿が幸いしての金メダルだったのでしょうね。

閲覧数:
252
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

rui********さん

2016/9/2004:11:13

何か法則性が見えるのなら面白いと思って読みましたが、
どうも事実誤認が多いですね。
データに基づいてないから、
そんな気がするってだけの主張になってますよ。

>今回のリオオリンピックで日本人金メダリストで、
オリンピック初出場以外で金メダルをとった人っていましたっけ?

リオ大会では、以下の通り、
日本人金メダリスト10人中4人が該当します。

○:初出場、または初出場大会から金
×:二回目以降の出場、初出場時は金以外

萩野公介:×2回目の出場、初出場時は銅
金藤理絵:×2回目の出場、初出場時は7位
大野将平:○初出場
田知本遥:×2回目の出場、初出場時は7位
ベイカー茉秋:○初出場
内村航平:×3回目の出場、初出場時は銀
登坂絵莉:○初出場
伊調馨:○初出場から金
土性沙羅:○初出場
川井梨紗子:○初出場

(参考)
体操団体:×初出場は5人中1人(白井)
バドミントンダブルス:○初出場


>伊調は初出場で金メダルでしたし、内村や萩野も初出場でのメダリスト組ですからね。
唯一の例外が金藤選手だけのような気がします。

というわけで、伊調はその通りですが、萩野や内村は認識違いです。


>今回のリオオリンピック以外の過去の大会でも、金メダル獲得した日本人選手は、
80%以上は初出場で金メダルを獲得しているのではないでしょうか?

リオ大会では60%ですが、ロンドン大会、北京大会ではその通りです。
ですが、オリンピックは初出場の選手が多数なんだから、
メダル獲得数が多いのも当然なのに、
率でなく単純に数で比較することに、どんな意味があるのですか。


>逆に3回も4回もそして5回以上も出場している選手って金メダルをとっていませんよね。
(当然伊調や吉田などの初出場金メダル組は除きます)

これも認識が間違ってますね。
北島康介や谷亮子は記憶に新しいと思いますが。

夏季大会に4回以上出場している日本選手は、
ざっと数えて14人見つかりましたが、うち6人が金メダリストです。
率にすると43%で、初出場者よりもはるかに高い金メダリスト率です。

・6回出場:金メダリスト率0%
杉谷泰造・馬術(メダルなし)

・5回出場:金メダリスト率40%
武田大作・ボート(メダルなし)
蒲池猛夫・射撃(5回目で金)、
松下和幹・アーチェリー(メダルなし)
山本博・アーチェリー(1回目銅、5回目銀)
谷亮子・柔道(1回目銀、2回目銀、3回目金、4回目金、5回目銅)

・4回出場:金メダリスト率50%
小野喬・体操(1回目銅x1、2回目金x1、銀x3、銅x1、
3回目金x3、銀x1、銅x2、4回目金x1)
三宅義信・重量挙げ(1回目銅、2回目金、3回目金)
菅原武男・ハンマー投げ(メダルなし)
猫田勝敏・バレーボール(1回目銅、2回目銀、3回目金)、
杉山愛・テニス(メダルなし)
寺内健・飛込(メダルなし)
朝原宣治(4回目銅)
北島康介(2回目金x2、銅x1、3回目金x2、銅x1、4回目銀x1)

>例を挙げれば、
水泳の松田や入江や卓球の福原愛とかは数多くのオリンピックに出場を果たしましたが、金メダルを獲得していません。
彼らは、今後何回出場しても、金メダルは絶対とれません。

>出場回数は多いものの、過去金メダルはおろかメダルさえとったことの無い選手って意外と多いのですよね。
そういった選手たちは、今後何回オリンピックに出場しても絶対金メダルはとれません。
逆にメダルがとれないから、何回も何回ものオリンピック出場に執着しているのですよね。

金メダルはおろかメダルさえとったことの無い選手だったら、
初出場のほうが多いんですよ。

リオの競泳では、34人中21人が初出場、13人が二回目以降ですが、
獲得したメダルの内訳は以下です。

・初出場

瀬戸:銅
坂井:銀

・二回目以降

金藤:金
萩野:金x1、銀x1
星:銅
4×200mリレー:銅(江原だけ初出場)

ついでに射撃も挙げておきますが、日本人の金は、
蒲池が5回目の出場で獲った1個だけです。

にもかかわらず、第二の北島、第二の蒲池が
絶対出て来ないと言い切れる根拠がよくわかりません。


結局のところ、金を獲ったことで引退する選手はいるとしても、
大半の選手は、未出場者から複数回出場者まで、
オリンピック出場には、当たり前のように執着してますよ。

その中から日本のトップを選考して派遣するのだから、
日本代表がどこまで世界に通用するか、だけの話であって、
何回目の出場であろうが、メダルの色とは関係なしってことです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

sho********さん

2016/9/1410:59:37

政治と全く関係ない質問なので消してください

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる