ここから本文です

「アンソニー」「アントニー」という名前は、西洋では割とポピュラーなものだと思...

アバター

ID非公開さん

2016/9/1419:53:53

「アンソニー」「アントニー」という名前は、西洋では割とポピュラーなものだと思いますが、これは古代ローマのアントニウスに由来するものでしょうか。

.
正直、この人物に対してあまりいいイメージがないのですが(カエサルの後継者を自認するも、クレオパトラに篭絡され、オクタウィアヌスに敗れてエジプトに逃れて死ぬ)、そこまで人気がある理由は何でしょう。

補足ご回答をいただき、本当にそうなのかな?と思って自分でも調べてみたところ、こんなのが見つかりました。

アンソニー Anthony
(男)ローマの氏族名アントニウスに由来。語源は古代エトルリア語の可能性が高い。同系の名にアントニー。愛称はともにトニー。

これ自体は誰かが作ったプリントみたいなんですが、これが正しいのでしょうか? http://bit.ly/2cE6R0x

閲覧数:
951
回答数:
5
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fri********さん

2016/9/1512:19:03

一応建前では4世紀エジプトのキリスト教聖人アントニウス(ラテン語)/アントニオス(ギリシャ語)から取られています。

特にカトリックやイギリス国教会では、聖人の名前(と言っても何千人もいる)から取るのが基本ですから。

ただ親が名付ける時、頭では他の著名なアントニウス(これはラテン語だが、英語アンソニー、ドイツ語アントーニウス、イタリア語アントーニオ、フランス語アントワーヌなど各国で変化する)を意識して息子に付けますね。

例えば音楽好きならヴィヴァルディの名前アントーニオとか♪

猪木好きでもアントニオ(笑)

フランスの作家すきなら、アントワーヌ(英語圏ならアンソニー、イタリアならアントーニオに成る場合が多いが)。

同様に映画ファンならアンソニー・クイン、アンソニー・ホプキンス、アンソニー・パーキンスなどから。

或いは知り合いや、尊敬する教授にアントーニウスとかアンソニーがいる場合は、その人を意識して、等もあります。

アバター

質問した人からのコメント

2016/9/21 07:52:58

サンキュートニー

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ris********さん

2016/9/1511:49:58

例えば日本で佐藤秀夫さんが100年前に強盗殺人したという記録があっても、秀夫さんと名前を付けることはあまりはばかられないでしょう。

つまるところアントニウスを語源とする名前は日本でいうヒデオとかタクヤというありふれた名前すぎてそこまで深く考えてないのです。


さらに日本では時代によって名前の傾向とか流行り廃りというものがありますが、ヨーロッパでは2000年前から同じ名前を使っています。洗礼されて名付けられるという建前上、大体は聖人から引っ張ってきた名前を由来としていますがとにもかくにも地域によって読み方が違うだけで、由来は2000年前からそんな変化がありません。

教科書見ても、日本では坂上田村麻呂とか今の子供に「まろ」なんて付ける人は稀ですが、ヨーロッパではフィリップ(フィリッポス)とかトーマスとか何百年も何千年も前の語源のものと使っています。アントニウスを由来とする人も古代ローマだけでもすこぶる多く、更にその後のヨーロッパの聖人や著名人にもアントニウスを由来とする人は数えきれず、従ってよくある名前のひとつになっています。

ローマのオクタヴィアヌスに負けたアントニウスを由来とする名ではなく、タクヤとかヒデオみたいなありふれた名前として太古の昔から使われているので、何ら気になりません。

なおヨーロッパでは同じ名前が乱立するので自己呼称としてニックネームがあります。第二名みたいなものですね。「私はアントニー、トニーと呼んでくれ」と愛称を設定します。あだ名と違うのは自分で決めるところで「私はアントニー、アントと呼んでくれ」でもいいわけです。

いわゆるキラキラネームが発生しにくい環境です。ごくたまに本名でもキリストと関係ないぶっとんだお名前というのもありますが、奇異の眼で見られるし希です。

一般的な名前であったにも関わらず、特定の人の名前だったため避けたり改称した呼称はヨーロッパではアドルフ(ヒトラー)くらいです。アドルフはドイツでごく一般的な名前でしたし、そもそも名前自体が誰とも似たりよったりなので自然と母数も多いわけで沢山の人がそういう名前でしたが、ヒトラーの登場と敗北によって今では全く使われなくなりました。

また英国王室ではジョンという名前を避けています。ただし一般人はジョンがたくさんいます。

というように最近に、よほど避けられる名でもない限り、名前が似たりよったりで歴史上沢山良い人も悪い人も同じ名前が登場するので2000年前のアントニウスなんてアントニウス系の名前のごく一部のことでしかありません。

laz********さん

2016/9/1509:47:13

語源が同じでも読み方が違う場合が多い
たとえばミハエルは英語読みにするとマイケルだったり
日本でもだけど名前には思いを込めたり地位、商売の名前を使ったりとかも有る
だから語源をたどれば王子とか靴屋のってのも有る
そのアントニウスってのも語源を調べれば他の意味が有ると思う

chi********さん

2016/9/1420:06:35

シェークスピアの戯曲でアントニーとクレオパトラというのがあるけど、アンソニー、アントニー等は古代ローマ時代の人名に由来するもの。
当然ながら血の繋がりは無い。
アントニウスに人気があるかは知らないけど、そうだとしたらシェークスピアが作った、愛に生きた男のロマンチックなイメージがあるからだと思う。
実際は戦場で必要とあらば馬の小便でも飲んだ大豪傑なのだけど。

tou********さん

2016/9/1420:00:37

政治家のマルクス・アントニウスではなく、キリスト教の聖アントニウスから取られているものと愚考します。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる