ここから本文です

自衛隊は、なんでF- 15の最新型、ステルスイーグルを採用しないんですか?

アバター

ID非公開さん

2016/9/1813:30:50

自衛隊は、なんでF- 15の最新型、ステルスイーグルを採用しないんですか?

F-35は、空対空戦闘が弱いし、F- 22ラプターが輸出駄目なら、ステルス機能、スーパークルーズ、可動ノズルが付加された最新型のF- 15ステルスイーグルでいいんじゃないですか?

閲覧数:
1,910
回答数:
13
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

amx********さん

2016/9/1820:45:27

そりゃステルスイーグルなんて戦闘機が存在しないからでしょうね(笑)

質問者さんはサイレントイーグルの事を仰ってるのですか?

でもサイレントイーグルにスーパークルーズ機能や推力偏向装置なんて無いですよ
それにサイレントイーグルはボーイングのプライベートベンチャー企画で、
プレゼン先のアメリカ、日本、韓国、サウジアラビアが興味を示さなかった為、
計画はもう破棄されました。

イーグルに電波吸収材やレーダーブロッカー、サイレントイーグル規格のコンフォーマルタンク型兵倉を使い、ステルス性を附加したりする事は可能ですが、
それでもユーロファイターと同等のRCS値にしかならないと思われます。

スーパークルーズ機能はアメリカ空軍のP&Wの強化エンジンが搭載された一部の機体なら可能らしいですが
それもドライ状態でマッハ1.2にギリ届くか程度のものです。

イーグル専用の推力偏向パドルやノズルはまず現実的には有り得ないですね。
新たに莫大な資金が必要になるでしょうから


>ライトニングⅡは空対空戦闘に弱い

これは大きな誤解です。
ライトニングⅡの遠距離戦闘能力、BVR戦闘能力は
他機種対して圧倒的です。
現状勝てるのはラプターだけです。
(ユーロファイタートランシェ3やスーパーフランカー、殲20なら互角に渡り合えると各メーカーが自称してますが、まあ無理でしょうね)

現在対抗可能なのはロシアのT-50だけでしょう。
そして問題はこのT-50の実戦配備が予想を上回る予定なのです。
T-50が相手ではアメリカ空軍の最強バージョンのイーグル改でも勝てません。
だから日本にはユーロファイターやアドバンス・スパホではなく
ライトニングⅡが必要なのです。

アバター

質問した人からのコメント

2016/9/24 19:17:50

勘違いしてました。回答ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/12件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

rvl********さん

編集あり2016/9/2219:19:44

F-35が弱いって情報のソースはもしかしてF-16とDACTをやった時HMDが重たくてドッグファイトに持ち込まれたときにパイロットが首を痛めかけて結局F-16に負けたって話からか?

edw********さん

2016/9/2113:08:34

サイレントイーグルかね?

f-35が空対空弱いって情報はどっから?

mig********さん

2016/9/1912:00:39

▼【F-35A↓F-15Eを相手に8戦8勝】
https://aviation-space-business.blogspot.jp/2016/06/f-35af-15e.html
◆日本の【“F-X:次期主力戦闘機選定”】で、日本人に成り済ます在日や反日⋅反米が執拗に【ユーロファイター】を推した理由は、日米の分断を狙うだけでは無い。第5世代のステルス性能を持つ【F-35】が相手では、中国は全く歯が立たない事と、ユーロファイターには【“精密誘導核爆弾B61-12”】を搭載する能力が無いからだ。https://www.youtube.com/watch?v=9diBLjg8-pg
▲つまり【F-35】の配備が↑都合悪いからグズる。

▼【F-35A↓F-15Eを相手に8戦8勝】...

pds********さん

2016/9/1911:59:24

あくまで理論上の話ですが、F-22は約40km先からロシアのイルビスレーダーに探知されます。
F-35は若干劣り、約60km先から探知されます。
ミサイルの射程はもっと長いので、こちらが先に探知すれば、敵に見つからずに一方的に攻撃する事が可能です。
敵に見つかる前に逃げる事もできます。

それに対してF-15は、条件によっては500km以上先から探知されます。
F-15等の第4世代機に若干のステルス性を後付けした場合でも、300km以上先から探知されます。
(F-2、F-18E/F、ユーロファイター等も同等)
こうなると、先に敵を見つけても、一方的に攻撃できません。
ミサイルの射程内に入った時には、既に敵に発見されているので、逆に攻撃を受けている可能性もあります。
どう考えても不利です。

なお可動ノズルで機動力を上げても、実戦ではほとんど使えません。
現代の空戦では、ドッグファイトがほとんどないからです。
航空ショーでは圧倒的な機動力を披露して大人気になれるでしょうが、ショー出演は戦闘機の本業ではありません。

tan********さん

2016/9/1901:59:43

サイレンイーグルではなく、防衛省は今、F-15 2040cに興味を寄せてますよ!
ステルスイーグルは何処も導入しませんが、米空軍のF-15戦闘機がF-15 2040cに回収される予定です。
あとF-35は空対空戦闘で、非常に強いと思うのですが..

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる