ここから本文です

良くアマチュア無線機のファイナルが飛ぶっていうじゃないですか。アマチュア無線...

han********さん

2016/9/1913:48:14

良くアマチュア無線機のファイナルが飛ぶっていうじゃないですか。アマチュア無線機も壊れるけど、ファイナルってのが一番多い?

んですよね。無線機の他の場所が飛ぶなんてことはあまりないと思うけど、どうしてこのファイナルって飛ばないように設計しないんでしょうか?コストの問題?使い方が悪いから?アマチュア用だから?他の業務用とかどうなんですかね?タクシーとかバスとかの無線から、船舶、航空機とか、警察とか、消防とか。身近な携帯電話やスマホも無線機なんだから、ファイナルってありますよね。特にスマホや携帯なんて、SWRなんて考えないで一般人使いますよね。なんで飛ばない?

閲覧数:
1,189
回答数:
11

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yet********さん

2016/9/1916:02:51

アマチュア無線は、趣味の無線業務ですから、無線機とアンテナを自由に組み合わせて使うことが許されています。つまりこれも実験であるからです。
その時、きちんとマッチしたアンテナを使えば問題はないのですが、ポカをやってしまうと、御昇天となるわけです。もちろん瞬時にということはごく稀ですが。

その他の業務用の無線機は、人命や、財産の保全のための連絡手段としての無線機ですから、無線機の技術基準がきちんと決まっていて、実験はできません。ですからご心配のようなことは起こりません。というか起こらないように技術基準が決まっているといったほうが正しいでしょう。
また、飛行機、船舶等は、2〜3組の無線機を搭載しています。2つが同時に壊れる確率は小さいですから、安全は確保されています。その他多くの安全装置が装備されています。
多分一番怖いのは、飛行機も船舶も落雷でしょう。

もちろんTRのメーカーもどれくらい無理が聞くかを設計時に考えています。無線機の設計者は、その範囲内で無線機を設計しますから、一般使用者が心配することは全くありません。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/10件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

bak********さん

2016/9/2121:19:54

絶対とはいえないけど、設計思想や無線に対する重要度、販売価格などの色々なファクターによって出来上がってくるものが違う。
最初に一つ言っておくが、そこいらの簡易業務無線機なんかはアマチュアと同じように終段増幅部が壊れる。
少し前のアナログATIS時代の無線機の中には、フロントエスカッションだけを変更して高周波部はアマチュア400の機械と全く同じという物があった。終段RFモジュールも周波数帯域が少し上なだけで電気的特性は全く同じである。(例アマチュアM57704M、業務M57704LとかM57704Hとか300MHz帯はM57704SLとかだね)。したがって回路図上でもわかるが、反射拾ってAPCで電力制御なんて同じ。簡易、一般業務ともそんな変わりはない。
これに対し、固定局向けの防災なんかは終段増幅後にサーキュレータ、アイソレーターなどを使い反射波が終段素子に戻らないように設計されていたり、余裕のある構成だったりする。船舶、航空、防衛もこの種。

特にアマチュアは素子の限界まで出力をに練りだす。これが良くない。20Wの無線機のAPCを弄って25W出るとか30W出るとか言ってる。たまにあるじゃないオクなんかで60W~70W特別仕様なんていって売ってるアホ!
更にアマチュアは絶対的放熱不足。 過去のFT-90Hなんかあの筐体で50Wなんてアホか?と思う。ハンダコテに触っているのと同じだ。
FTM-400の終段が壊れるのは設計が悪いから。(FTM-400,IC-2720,DR-635、DR-620 FT-8800,8900は終段じゃないアソコ○×○×が壊れる。あとはヒミツ!!

あとアマチュアは、長々長々長々長々長々長々長々長々長々長々長々長々長々長々長々長々グダグダグダグダグダグダいつまでも話す。放送じゃないんだからネ。
こんなんだから基板が変色しているのはザラ。

mas********さん

2016/9/2008:02:33

メーカー品を使えば、ファイナルが飛ぶことは無い。
そのように設計されているから。

アマチュアでけに許される自作。
自作アンテナを使うから、ファイナルが飛ぶのです。
当然、自作でもちゃんと設計をして、
調整をすれば、大丈夫。

メーカーだって、何度も実験の繰り返し。
その段階で、ファイナルを飛ばすこともあるでしょう。

ino********さん

2016/9/2004:39:45

アマチュアは、わけもわからず故障でもないのに分解していじくりまわしたりするから。
業務用はこんなバカなことしない。

アンテナやケーブル、コネクタも市販品を正しく使えば問題ないのにいいかげんな接続(下手なハンダ付けなど)してるから。
業務用は下手に手出ししない。

これでは、いくら必死に設計しても無駄。
正しく使えば10年や15年、故障も調整も不要で使える。


反射波やマッチングが、どうとかと言ってる連中は無知が原因で間違った使い方をするから。
単なる責任転嫁で正しく使えばそのような問題は起きない。

den********さん

2016/9/1919:30:56

空中線(負荷)と整合が取れてなきゃ終段が
すっ飛ぶのは無線機でもオーディオアンプ
でも同じだよ。


普通は無線機と空中線は一緒に免許なり
認定がかかっているので、その範囲での
使用だと壊れる事はない。

アマチュア局に関しては免許人の裁量で
アンテナは自由に付け替えられるとかが
あるので壊れる確率が業務用機に比べて
高いかもしれない。

osi********さん

2016/9/1918:40:42

スマホや携帯でもアンテナを替えたら飛ぶかもよ。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる