ここから本文です

民事訴訟の審理開始から結審までの攻撃防御 ――――――――― その期間中であれば 攻撃...

アバター

ID非公開さん

2016/9/2102:21:50

民事訴訟の審理開始から結審までの攻撃防御
―――――――――
その期間中であれば
攻撃防御の時期的延滞とかは、問題にされないのですか
また、例えば、遺言書が正しいと思えたのだけど、

その後で、過去の筆跡を追っていてどうも時期的におかしいと思ったら
正しい・怪しい・違うなど実感に決定打がないとして
「正しい」の見識を変更修正するのは、
結審までの間であれば、ある程度の自由ですか

閲覧数:
97
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pot********さん

2016/9/2104:58:28

>攻撃防御の時期的延滞とかは、問題にされないのですか

「そんな主張はずっと前に当然出来たよね」と考えられる程度に非常識に遅れない限り、問題にならない。

>また、例えば、遺言書が正しいと思えたのだけど、 その後で、過去の筆跡を追っていてどうも時期的におかしいと思ったら 正しい・怪しい・違うなど実感に決定打がないとして「正しい」の見識を変更修正するのは、結審までの間であれば、ある程度の自由ですか


質問文だけで判断するならば自由。

  • この返信は取り消されました。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

質問した人からのコメント

2016/9/21 21:26:51

考える上で参考にします

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる