ここから本文です

時代小説や歴史小説のおすすめを教えてください。

aiu********さん

2016/9/2518:10:43

時代小説や歴史小説のおすすめを教えてください。

初めての類の本なので、そこを踏まえておすすめしていただけると嬉しいです。

閲覧数:
1,491
回答数:
10
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

gur********さん

2016/9/2617:35:55

あはは、回答が群雄割拠状態ですねえ。
わたしの好きな作品がでてないので、参戦します(笑)
初心者さんということで、読みやすい短編集、娯楽小説を中心に。

あと、おせっかいですが、司馬、藤沢、山本、池波各氏は作品数が膨大なので、ご自分の好み、戦国がいい、必殺仕事人みたいなのがいい、人情話がいい等を書かれて、この一冊!というオススメを聞いたほうがいいかも。


「十時半睡事件帖」シリーズ、巻1は「庖丁ざむらい」白石一郎
福岡藩が舞台で、事件といっても、現代小説でいう日常の謎ていどです。人は死にません。あんまり積極的に解決もしません。ただ、武士も町人も含めて、色々な人の思いや行動が面白い、ユーモラスな時代小説です。


「おそろし 三島屋変調百物語事始」 宮部みゆき
他の方があげている「蒲生邸」も好きですが、舞台が226事件で昭和なので、あえて江戸ものを。短編集です。いちおう怪談仕立てですが、怖くないです。人の業や不可思議な出来事を扱いつつ、宮部さんらしく、読後感はやはり希望がわいてくる感じ。

「深川澪通り木戸番小屋」北原亞以子
近年の時代小説の人情物では、出色の作品だと思います。系統としては藤沢作品の人情物に近いかな。

「半七捕物帳」岡本綺堂
日本で捕物帳という分野を作ったのはこの方です。江戸末期の旗本の生まれなので、時代考証は正確ですが、まったく難しい言葉遣いはありません。そして、非常に近代的で優れた推理小説です。

<以下、長編>

「みをつくし料理帖」高田郁
不幸で家族も家もなくした大阪の女の子が、江戸で女料理人として頑張る姿を描いた物語。時代小説特有の用語も少なく、読みやすいですし、登場する料理がとても美味しそう!随所に、大阪と江戸の気質、味の好みの違いなどが登場するところも独特で面白い。
長編ですが、ラノベ感覚で楽しめるのではないかと。

「火天の城」山本兼一
織田信長に使えた大工の棟梁の物語。あ、初心者向けじゃないかな?信長の戦に同行して橋をつくり、砦をつくり、そしてクライマックスは、あの安土城建設!戦国ものなのに戦闘や政治はでてきませんが、わくわくする筆力、そしてものづくりの匠の意地。面白いです。

「鳴門秘帖」吉川英治
時代小説というより、冒険小説です。伝奇小説の傑作。かっこいい青年隠密が主人公で、藩の秘密を探られまいとする敵たちが次々に。主人公を助ける美しい女掏摸、謎の虚無僧とまあ、そういう感じ。ひと昔前の娯楽時代劇の味わいと思っていただければ。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

わたしはどちらか選べといわれたら山本周五郎です。周五郎は希望を描く作家、藤沢周平は哀愁を描く作家と勝手に思ってます。

で、山本周五郎ならオススメは「日本婦道記」
短編集です。女性が主人公ですが、恋愛もメロドラマもありません。耐え忍ぶ姿もありません。凛として、静かに運命に立ち向かう、強くて美しい、本当の日本女性の姿があります。
ちなみに、周五郎はこの作品で直木賞授賞するも、辞退。史上初だそうです。作家の生き方もカッコイイ。

オマケ情報ですが、文学賞で山本周五郎賞というのがあって、これは娯楽作品、大衆文学作品が対象ですし、わりと外れの少ない信用できる文学賞です。ここから選ぶのも一つの手かも。


藤沢周平なら「用心棒日月抄」連作短編。裏に忠臣蔵が隠れてます。
池波正太郎は、やっぱり「鬼平犯科帳」かな。連作短編なので読みやすいし。
司馬遼太郎のなかでは「国盗り物語」
斎藤道三という、信長の義理の父にあたる、謎の武将に初めてスポットをあてた作品で、司馬作品のなかでは比較的短いですし、メジャーな戦国武将がみんな登場するのでオススメです。
いや、ホントは「夏草の賦」とか推薦したいけど、やっぱりマイナー作品は初心者向けじゃないですよね~。


ということで、好き勝手に長文を書きまくってしまい申し訳ないです。
少しでもご参考になれば。

  • 質問者

    aiu********さん

    2016/10/222:24:59

    『火天の城』と『用心棒日月抄』が凄く気になりました…。わくわくする筆力や連作短編…凄く面白そうです。

    あと、お節介じゃありません。
    回答を読んで、歴史小説や時代小説への愛が凄く伝わってきて、どれ読んだらいいかと眩暈がしそうです。
    回答者様のいうとおり、〇〇がいい!と言っていれば…と後悔しているところです。
    でも沢山の素敵な作品に出会えそうなので、良かったかもしれません。

    私こそこんな長々とすみません。。
    素敵な作品を教えていただき、本当にありがとうございました。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2016/10/3 01:28:35

たくさんの回答ありがとうございました。

実は受験生でして、あまり読書に時間を費やしちゃ駄目…でも歴史小説と時代小説なら勉強になる!!と勝手な言い訳を自分の中でつけて読みます。
ですがやはり時間はそんなにないので、時間はかかりますが、紹介していただいた全ての作品一つ一つ読んでいきたいたいと思います。

とてもBA迷いました。

凄く『火天の城』に惹かれてしまって…。
本当にありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/9件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sam********さん

2016/9/2917:25:27

他の回答者の方々から挙がっているけれど(笑)、一押しは池波正太郎「剣客商売」シリーズ、でしょうかね?「鬼平犯科帳」シリーズと同様の、短編連作モノです。

池波氏独特の、「作中の小道具」とも云える数々の(江戸)料理は、世界観を身近に感じさせるモノで、時代小説の枠を超える様な作品になっています。
CSの「時専チャンネル」では、この様なモノが流れたりしていました。
http://www.jidaigeki.com/regular/edoryouricho/
「菜飯」とか「深川飯」とか、鬼平シリーズの定番「軍鶏鍋」など、他の時代小説とは、ちと雰囲気が違います(笑)。

小説ではないけれど、こちらもお勧め。
https://www.amazon.co.jp/dp/4094164111
「鬼平シリーズ」を読まれる場合は、原作と並行してこちらを読まれると、中々「乙」です(笑)。


後は、柴田錬三郎「眠狂四郎」シリーズ、ですかね?
無頼のヒーローが、妖刀「無想正宗」による魔剣「円月殺法」を駆使して、市井の庶民をいたぶる悪人達を成敗する(決して「正義」を標榜するのではなく、単に「力弱き庶民をいたぶるのが嫌い」というだけです)ダークヒーロー物ですね。なので、場合によっては、婦女(勿論、悪玉の婦女ですが)を犯す、なんてこともやったりします(笑)。

こちらは、その中の「孤剣五十三次」がベースとなったTV作品ですが。
https://www.youtube.com/watch?v=rYchuVLdZ_Q
テレ東としては中々良い作りだったと思うのだけど、何故か、売れない頃の小林稔侍氏が演じた、「無頼の浪人の駅弁シーン」だけがクローズアップされてしまうという(笑)作品です。元々、原作ではエロシーンは殆ど見受けられない訳ですが、そこはテレ東、毎回しっかりお色気シーンを入れてます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

tak********さん

2016/9/2820:18:42

そうですね、山岡荘八の徳川家康ですかね読みやすいでよ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ilo********さん

2016/9/2621:05:41

高田郁さんの「みをつくし料理帖」「銀二貫」が、とてもおもしろく読みやすいですよ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

fei********さん

2016/9/2523:22:55

読みやすいのは、
★「しゃばけ(シリーズ)」畠中めぐみ
★「とっぴんしゃん」山本 一力.
☆「あかんべえ」「ぼんくら」「蒲生邸事件」宮部みゆき
「海賊とよばれた男」「永遠の0」百田直樹
「天地明察」「光圀伝」冲方丁
「君の名残を」浅倉 卓弥
「輪違屋糸里」「一路」浅田次郎
などなど。
他の方が、司馬遼太郎など大御所を紹介済みなので、近年の作家の読みやすい人気どころをどうぞ。

あと、女性だった場合、
☆「アウトランダーシリーズ」(ダイアナ・ガバルドン)
「風と共に去りぬ」(名著ですが、現代っ子でも読みやすい文体です)

星はとくに初心者向け。
★>☆

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

dai********さん

2016/9/2522:46:51

時代ものは
群雄割拠する時代(戦国、明治維新)が面白いし
ほぼ7割がその時代の小説だと思う

読みやすいのが
池波正太郎
ちょっと超人ぽい忍者ものだと
「夜の戦士」
戦国時代に武田信玄のスパイで潜りこむけど
信玄の魅力に甲賀を裏切る

司馬遼太郎
史実ぽく書きすぎて歴史認識に影響がありすぎる作家さん
「花神」
明治維新で村の医者が陸軍創設の祖になってしまう話
めっちゃ変人で笑えます

笑いたいなら
山本周五郎
ちょっと難しい言葉使いとかでるけど”こっけい物”って言われるギャグが最高
短編集の多い作家さんで、本の中に必ず1篇が入っている

荒唐無稽でいいなら
隆慶一郎
「影武者徳川家康」
家康は関ケ原以降は影武者だったという話
家康と秀忠との暗闘

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる