ここから本文です

三相同期発電機で電圧変動率を計算した結果、負荷力率1.0のときより遅れ0.8の方が...

chi********さん

2016/9/2522:02:00

三相同期発電機で電圧変動率を計算した結果、負荷力率1.0のときより遅れ0.8の方が大きくなりました。その理由を検討しているのですがいまいち理解できません。詳しく教えていただきたいです。

閲覧数:
876
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

nura-rihyonさん

2016/9/2606:02:15

同期発電機は等価的に誘導性の内部リアクタンスをもってる
リアクタンスでの電圧降下は
同相電流だと、元の電圧に対して直交→降下後の電圧の大きさはあまり変わらない
無効電流成分に対しては、元の電圧と同位相→降下後の電圧の大きさがお菊変わる
で、無効電力を含む力率0.8の場合の方が電圧降下が大きく、電圧変動率も大きくなる

質問した人からのコメント

2016/9/27 10:18:41

説明ありがとうございますm(_ _)m

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる