ここから本文です

病気の遺伝に関する質問です。 母親が保因者の場合、息子に遺伝する確率は50%で、...

gia********さん

2016/9/2623:11:44

病気の遺伝に関する質問です。
母親が保因者の場合、息子に遺伝する確率は50%で、遺伝したら必ずその病気(網膜色素変性症)は発症するのでしょうか?
回答お願いいたします。

閲覧数:
417
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fly********さん

2016/9/2700:12:17

①常染色体優性遺伝の頻度は17%。
このときは母親は保因者でなく患者。
息子に発症する確率は50%。

②常染色体劣性遺伝の頻度は25%。
近親婚なら、息子に発症する確率25%。
近親婚で無いなら、その確率はかなり低い。

③X染色体劣性の頻度は2%。
息子に発症する確率は50%。

④その他の遺伝:
40種類以上の遺伝子が特定されているが、
多くは原因遺伝子が不明。

母親が保因者とわかっている場合は、
②③④の場合で、③なら50%です。
④の場合は遺伝子が特定されていても、
遺伝形式が私にはわからないので不明です。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる