ここから本文です

柔軟や真向法に詳しい方、お願い致します。 身体を柔らかくしたく、毎日柔軟を...

lgy********さん

2016/10/413:37:28

柔軟や真向法に詳しい方、お願い致します。

身体を柔らかくしたく、毎日柔軟を行っています。

元々非常に硬かったのですが、真向法を中心にやるようにしてからというのも、2ヶ月弱の間で、以前よりかなり柔らかくなって来ました。

それでも、いくつか調べてもわからないところがあります。

① 朝の真向法について
よく、ストレッチや柔軟体操は筋肉が温まってからやるように、と書かれているのですが、真向法では、朝起きてからと夜寝る前の2回を基本としてやるように、と書かれています。

確かに、朝起きて真向法をやった日とやらない日では、午前中の身体の動きに大きな差があると感じているため、やった方が良いと感じてはいます。

ただ、上に書いたように、一般的には柔軟体操は体が温まっていない状態ではやらない方が良いと言われているため、その説とは対照的なので、どうなのかと疑問に思ったところでした。


② 左右開脚について
以前は90度くらいがギリギリで、更に背中も丸まっていたのですが、今では130度ほど開き、更に腰が立って、状態を前方に少し傾けることが出来るようになって来ました。

傾ける際、股関節の辺りから曲げるようにし、背中は丸めずにおへそを床につけるような意識でやっているのですが、一つ不思議に感じることがあります。

それは、状態を前に傾けようとすると、両脚もそれにつられて前方方向へと内転してしまいがちになるため、その都度、両脚を外転させるようにし、両脚が真上を向くように調節しながらやっているのですが、ある段階からは、両脚をしっかり上向きに直すと、上半身はそれ以上前には傾かなくなる、といった感じになることです(横から見ると、上半身は20度くらい前に傾いた状態で、それ以上は股関節が全く動かず、腰の裏側の仙骨辺りがひっぱられる感じがして、それ以上前には倒せない、といった感じです。

開脚をして上半身を前にしっかりと折りたためる人(床につけられる人)とそれが出来ないで途中で止まってしまう人とでは、何に差があるのでしょうか?

後者の場合、腰周りや太腿周辺の筋肉が固まっていて、それが股関節の動きを阻害しているのでしょうか?

今の自分の身体の状態から考えると、上半身がしっかりと前に倒せ、なおかつ両脚はまっすぐ上に向いたままの状態、というのはとても物理的に不可能だと感じられ、実際に出来る人の股関節辺りの動きや状態はどのようになっているのだろうかと不思議に思っています。


人体の筋肉や骨格の図を勉強したり、柔軟関連の本を色々と読んでいるのですが、物理的・理論的にしっかりと説明してあるものがなかなか見つからず、困っています。

そういった観点から何かアドバイスや良書などがあれば、お教え頂けるとありがたいです。

補足ご回答ありがとうございます。ご指摘の通り、「外旋」が正しかったですね^^;

「下肢を内旋させるようにする」 というのは初めて聞きました。調べてみたところ、テコンドーのストレッチについて解説してあるサイトがあり、そこでは「足の親指も内腿も床につけるような感じで」と書いてあるのを見つけました。これまで私が目にした書籍やインストラクターから直接聞いた話では、つま先は天井に向けたままで、と言っていたので、今回とても驚きました。

また、バレエに関するサイトを覗いてみたところ、「つま先を天井に向けたままで」という指導は間違っており、この状態で身体を前に倒すことは解剖学的にありえないことだとも書かれており、自分で試行錯誤しながら感じていた疑問が解け始めました。

ただ、真向法ではやはりつま先は天井に向いている格好でやっているようで、不思議に感じます。

引き続き、柔軟性や真向法に関してご存知の方々からご意見を頂ければ幸いです。

閲覧数:
377
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kyo********さん

2016/10/420:20:19

とりあえず今やっていることを半年続けてから質問しなおしてください
効果が出てるうちは何も考えずにやり続けることです。
少しだけ突っ込むすると、

それは、状態を前に傾けようとすると、両脚もそれにつられて前方方向へと内転してしまいがちになるため、その都度、両脚を外転させるようにし、両脚が真上を向くように調節しながらやっている

外転じゃなくて外旋じゃないですか?
もし外旋なら、やり方が間違ってます
テコンドーとか空手だと、内転筋を地面につけるようにして、下肢を内旋させるようにして柔軟を行います。
参考までに

質問した人からのコメント

2016/10/11 11:33:48

ご回答下さったお二方、ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

for********さん

2016/10/422:00:39

①朝にできるならそれでいいよ。

②脚を開いて上体を前へ前傾すると脚もそれにつれて前へねじれる(つま先が床に着くようになる)のはある程度仕方ないと思います。

以前にYoutubeで壁を利用して左右の足部をつま先が上を向くように固定して上体を前傾しているのを見たことがあります。

上体の前には壁がないので前傾できるのですがいい方法だと思いました。

私は足先の向きにはこだわらないので上記のやり方をしたことはありません。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる