ここから本文です

日本が象牙取引の全面禁止に踏み切れない、若しくは踏み切らない理由はなんでしょ...

ika********さん

2016/10/421:16:20

日本が象牙取引の全面禁止に踏み切れない、若しくは踏み切らない理由はなんでしょうか?

もちろん既存業者保護はあるのででしょうが‥


食糧であったり、防寒であったり、ある地域の人間が生きる上で最低限必要ならまだ理解出来るとして、象牙やら先進地域での毛皮やら何故に必要なんでしょうか?

一部人間の悪趣味のために命を奪うなんて、どう考えても計算か合いません。

単なる動物保護なんて話じゃなく、人間ってそんなレベルでいいの?と思うのですがいかがでしょう?

閲覧数:
109
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mol********さん

2016/10/523:42:24

そもそも欧米の一部勢力の言う『保護』ってほぼ宗教で科学じゃない部分ありますからね…鯨とかでよく見られますが。

アフリカゾウの例にしても、減ってる地域がある一方で
ゾウの個体数が増加して過密になって駆除せざるを得ない地域もあります(南アフリカなど)
そういうところで得られたゾウの牙や革を活用せずにゴミにするほうがよほどもったいないですよ。
きちんと管理できないのが問題であって動物の活用が問題なわけではない。
論点を見失わないで話をすれば日本の言うことのほうが筋通ってるんじゃないですかね。

ゾウを神格化しすぎて増えてようがなんだろうが一切の利用を禁ずる、なんてあまりに非科学的ですもの。

毛皮に関して言えば普通に防寒着なので無駄どころか有効活用ではないかと。
それに今は殆どが養殖ですし、安い石油製品の大量消費よりはむしろ自然に優しいのではないですかね?

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2016/10/11 07:38:14

皆様ご回答ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

mfm********さん

2016/10/421:40:19

クジラも一緒の話しです。今は野放しでいるため、えさとなる魚との生態系が崩れ、反って問題になっています。きちんと管理された状態で捕獲するのは、自然にも人類にもやさしいというわけです。

像に戻ると、密売業者のための乱獲や、地下組織の繁栄、といった問題はあるものの、管理された中で、きちんと役立てるということが、本当の姿だという考え方なのでしょう。ちなみに日本は、自然死した像の象牙しか輸入していません。
シカ類についていえば、何歳以下の小鹿は狩猟の対象としてはならない等の規定がある中でハンターたちは狩りをしています。
無差別に誰でも、女でも子供でも殺すのはアメリカ人ぐらいですよ。
ドレスデン爆撃、東京大空襲、各主要都市絨毯爆撃、広島、長崎、学童疎開船撃沈

クジラ喫食にしろ、象牙珍重にしろ、日本人が遠き昔から培ってきた伝統文化です。2百年やそこらの歴史しかない青い奴らにどうのこうの言われたくはないですね。ちなみにアメリカ人であるアラスカエスキモーはクジラ取り放題って知ってました? こんなところにもWASPの狡猾さが垣間見えますね。
自然環境問題はフェアじゃない、金になる、だから有象無象がたかる。ますます真相が見えなくなる。
いちど、競走馬をまじかで見てみるといいですよ。馬の美しさに、震えますから。
それにくらべて人間はどうなんでしょうね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる