ここから本文です

三菱ジープJ57に乗ってます。ガソリンです。

mog********さん

2016/10/512:55:50

三菱ジープJ57に乗ってます。ガソリンです。

オイルエレメントに15400PLC004と書いてありますがそのエレメントを買うと日産とホンダの車種しか載っていませんが適応するのでしょうか?
元々付いているのが上のですがやや不安です。

閲覧数:
287
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mus********さん

2016/10/822:50:50

どうも!

大型二輪に乗る者です
車のエンジン脱着経験もあります

質問者さんへ
普通どんなにマイナーでも
設計時に純正で装着するモデルがある場合は
表記があるハズです
無い場合は
エレメントメーカーが小さく調べて無いか?(昔数社メーカーのエレメントを在庫するホームセンターで私がやはりエレメントを買う際に対応車種を見比べていたところ、同じ対応車のエレメント同士のエレメントながら一部対応する車両の表記がある物と無い物があり、恐らく書いて無い商品は調査不足だろうと思い念の為店員に確認で尋ねると同じ結論でした)
又は装着が可能ではあるものの正規の適応では無い部品の可能性のどちらかです(その場合でも装着に問題が無くオイル漏れも容量の過不足も無くば、大丈夫です)

現在マッスルカーもあり
原付(90cc車)にも乗り
1cc以下の模型エンジンからオーバー7リットルのエンジンまで!
一通り説明も出来ますし
レシプロエンジンの航空機(主に二次大戦中の戦闘機)のエンジンもある程度知識があります
零戦(れいせん、通称ゼロ戦)のエンジン始動方法も知ってます(戦争映画さえ「インチキな」始動方法しか描いておらずガッカリします)
本当の始動方法とは!
資料が少ないと言え
素人の私さえ知ってる始動方法を知らない・描かないなんてオカシイです
私も当初資料が無くしかしどうしても知りたく探してました(学生時代)
大学の図書館も本を漁りましたが
有りませんでした
当時バッテリーとセルで始動する方法は「ブルジョアアメリカ」(「成金ニワカ」の意ですがソレを言うと激怒しますので注意です(笑))が最初で他国にも普及していましたが
日本軍側は戦闘機の様な小型機(?)にはついていないと言う情報を掴みました
ではどう始動したか?
そこに書いてはいませんでした
もう意地になって探して探して探しまくりました(苦笑)
やっとの思いでようやく探し当てました

さて
どうやって始動していたと思います?
当然バッテリーではないので人力と想像がつきますネ
しかし
エンジンは総排気量3万8千ccオーバー(爆、38リットル!と言うデカさ)
アメリカントレーラートラックの先頭車より1.5倍も大きいエンジンです(アメリカントラックは約20000cc)
どう考えても昔のクラシックカーの様に「単に」人間が回しただけでエンジンが掛かるとは考えられません
ではどうしたか?
答えは、、
始動用クランク棒は使いますが
すぐにエンジンには繋がりません(人間では不可能なので)
大きく重たいイナーシャと呼ばれたフライウィール(はずみ車)をまず回して勢いを付けます(力一杯で10秒以上との事)
まず準備出来たらパイロットが「イナーシャー 回せー!」の掛け声を掛けると地上員がクランク棒にてイナーシャを回し始めます(映画ではどれも「回せー」としか描いてません、非常に不満です)
「イナーシャ」に充分勢いがついたと認めたらそこでパイロットが「コンターク(コンタクト)」と叫びイナーシャを回す地上員が力を緩めぬよう掛け声を掛けます
その掛け声と共に踏んでいた(イナーシャ用)「クラッチ」を離しエンジンとイナーシャを「接続」しエンジンのクランクシャフトが回転を始めます
その際パイロットは目一杯ブレーキ(コレが「効かなかった」と言われてました)を掛けスロットルを操作し(操縦桿を目一杯引いてフラップを下げ機体が前へ勝手に進んで行かぬようにして苦労したそうです、全てはブレーキがヤワだった為)
巨大な星型エンジンが目覚める、と言う事でした

大昔と言え(そして効くブレーキやオイル漏れしないパッキンが造れなかったと言え)
現在でもゼロ戦のエンジンは復元して造る事が叶わぬ程に高度な技術(失われた技術と呼ばれます、戦艦大和もそうですネ)で出力の割にコンパクトで高性能だったようです
(セスナ機並みの機体に1000馬力オーバーのエンジンなのですから、セスナは150〜200馬力程度)

現在
世界で唯一飛行可能なゼロ戦が僅かに一機存在しておりアメリカの博物館が所有しております
何度か日本に来て飛んだ事もあります(90年代、その後もあったかもです)
残念な事にその時は行けませんでしたがいつか見たいと思います

さて
オイルフィルターですが
ネジのピッチは(だけで無く車軸のウィールボルトのピッチ(PCD)や一部の昔の国産車のラジエターキャップの規格も)
一部はアメリカのインチと同じであり
実際私のアメ車のラジエターにセリ○XX(その前に乗っていて部品があったので試しに付けました)のキャップが付いてしまい弟と友人達と笑ってしまったり
実はアメ車のV8エンジンにニッサ○のディーゼルだか排気量の大きいエンジンのオイルフィルターが合うので部品が無い場合に流用するのは珍しくない、と実家近くでお世話になってるプロの方が言ってました

と言う事は
要は「エンジンの取付け部のネジピッチに合い」「パッキンの直径が合えば」
さらにスペースさえ有れば
実はオイルエレメント(フィルター)は「何でも付く」と言うハナシであり難しく考える必要は無いという事です
ただし
小さいエンジンにディーゼル用の巨大なエレメントでは圧力損失になるでしょうし
逆に排気量あるエンジンにマー○等のコンパクト車用では
容量不足が当然予想されますから
流用する場合は近いサイズから選択すべきなのは「言うまでもない常識」であり
そこから逸脱した選択をする人間は取付け技術があっても「整備センスが無い」と言う烙印を押されます

以上の話でお分かり頂ける様に
「オイル漏れ無く」「キチンと濾過されエンジンに異常が無い状態」で
「警告灯が灯かない」なら
全く問題無いと判断して良いと考えますので
質問者さんの心配は全く要らないと言えると考えます

長文・横道、失礼しました

質問した人からのコメント

2016/10/8 22:58:04

長文ではあっても、分かりやすく良かったと思います。ありがとうございました

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる