ここから本文です

マイレージプログラムとクレカ選択 航空会社のマイレージプログラムを絡めたク...

yap********さん

2016/10/1003:44:01

マイレージプログラムとクレカ選択

航空会社のマイレージプログラムを絡めたクレジットカードの取捨選択について、御意見をお願いします。30代前半、田舎在住の国家公務員です。

枚数が多く維持費が高いため再編を考えています。以下長文です。

現在持っているクレカの用途と所感は以下の通りです(年会費は計52500円/年)。

①UAマイレージプラスセゾンvisa 1500円/年
保険が充実していた事&UAマイルがほぼ無期限で貯められる事に魅力を感じ、学生時代の海外旅行用に作成し、200円1マイルのまま現在に至る。就職してからは電気代の支払いにのみ用いてマイルの延命を図っている。

②ANAアメックス青 7000円/年(ANAマイル交換に+6000円/年)
日常の支払い&航空券(主にANA)購入用。大学の卒業旅行時から使っている。悪くない。

③プロパーアメックス緑 12000円/年(効率良いマイル交換に+3000円/年、ANAへは更に+6000円/年)
プロモーションに釣られて1年前に作成。一時期日常の支払いに用いたが、特に恩恵がないため現在はほぼ使っていない。アメックスが2枚あるのは煩雑なので整理したい。

④ANA-SFC visa 約9000円/年(リボ登録済)
SFC維持のためだけに最安だったから取得。使用予定なし。

⑤プロパーダイナース平 22000円(マイル交換に6000円/年)
一時期頻繁に海外旅行していたこともあり、与信や保険の面で比較的安心かもしれないと思った事と、マイル移行先が複数あった事に好感を覚えて取得。持っていて助かった事は特にないが、いざという時の与信額は安心感がある。エグゼクティブダイニングは3回お世話になったが、年会費が上がった事&マイル移行先激減&ホテル特典消滅などの改悪のため魅力が薄れた。


私の飛行機搭乗は1往復/月程度で、数年前たまたまANA-SFCを所持する機会を得ましたが普段はブロンズメンバーにもなれないため、昨今ANAの特典航空券は取りにくいです。その点UAマイルによる特典航空券はかなり取り易いと感じています。ほぼ無期限だし、もしマイルアップメンバー(+5000円/年)になって効率よくUAマイルを貯めれば、特典航空券をANA便でとった際の交換効率の不利さを相殺できると目論んでいます。

アメックス緑は悪くないんですが重宝する程ではないんです。私の場合、クロークも含めて空港サービス対象に羽田が欲しいんです。海外旅行時の手荷物送付が羽田空港発着でも往復無料!ってこのカード特有ですけど、毎回行きはギリギリまで荷作りし、帰りも帰宅後すぐ必要なものがスーツケースに入っている事が殆どなので利用したことがありません。もし使うとすれば帰国時で、ダイナースを維持した場合や後述の⑦〜⑨があれば羽田空港からの手荷物送付はできちゃいます。

プロパーダイナース平はANAとUAへマイル移行できるため(UAマイルへ移行しても国内ではANA便で特典航空券を取るので交換効率悪いですが…)、何となく選択肢が広い方が良いかなぁと思って維持しています。でもSFC visa平と同時所持であるため22000+9000=31000円/年、もしANA-SFCダイナースへ統一すれば30000円で少し安いし枚数も減らせますが、その場合ANAへしかマイル移行できない&私のマイル移行頻度は数年に一回程度なので30000円/年の年会費は何となく納得できません。そもそも今ダイナースが必要なのかも考えたところ、エグゼクティブダイニングに似たサービスは他のカードでもあるようですし、与信額以外の大きなメリットはなさそうな印象です。三井住友信託ダイナースの10000円分の年会費割引は魅力ですが、券面が悲劇的なので葛藤しています。

持っていませんが⑥アメックススカイトラベラー青には魅力を感じます。比較的安く、ANAラウンジが使えなくてもカードラウンジに同伴者も入れ、航空券購入でマイルがかなり貯まり、(BA経由で)JALにも(+6000円で)ANAにもマイル移行できます。②③を⑥に統合しても良いかも知れません。

もしマイルを無視すれば、食事一名無料サービスやコンシュルジュやクロークサービス@羽田を考慮して⑦SBIプラチナ(20000円/年)、⑧SumiTrustClubリワードワールド(12000円/年)、⑨SumiTrustClubプラチナ(35000円/年)などはダイナースより良さそうに感じます。


つまり私は、
スタアラ系列便かJAL便の特典航空券を得るべくもっと高効率にマイルを貯めたいです。
できれば今より枚数を減らして年会費を安くしたいです。
ANA-SFC維持は必須です。
食事一名無料やコンシュルジュ、カードラウンジはあれば嬉しい程度です。
空港サービスは羽田が含まれないと意味ありません。
クロークはありがたいですが、手荷物送付サービスはまず使わないと思います。
傷害疾病保険の金額と自動付帯は大事です。
ステータスは気にしません。

そこで、
皆さんは三井住友信託ダイナースの券面は割引があれば許容できますか?
私に最適なSFCは何だと思いますか?
私に最適なカード編成のアイデアを御教授下さい!

閲覧数:
684
回答数:
3
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

非公開さん

2016/10/1508:55:51

まず、マストなサービスとそうでないものを整理してはどうでしょう。
失礼ながらこのサービスはこのカードが良い、あのサービスはこのカードが良いとなると、気がつくとカードだらけになってしまう典型的例のようです(笑)。
カード会社のサービスは、当然にして他社との差別化を常時考えていますのでこれをやりすぎると際限がありません。文中にあるエグゼクティブダイニングだって微妙に店が違っていたりして大抵が一長一短ですよね。
クレジットカードのサービスを軸にあれこれ組み立てようとすると、質問者さまのような年会費地獄になるのは必至です(恥ずかしながら小生もかつてはそうだったのでお気持ちはわかります)。

私なら1枚にするならANA-SFC VISA。理由は他のカードはその気になればいつでも取得できますがSFCは頻繁に搭乗する機会がないと取得できないこと、一枚に絞るなら加盟店数がもっとも多いVISAが無難であること、そして何より質問者様が不可欠だと思っていることです。
で、年会費の予算が許す限りでゴールドかプラチナにするでしょうね。これは限度額とサービスとのバランスで考えればよいかと思います。もちろんクレジットカードにステータスなんてありませんから実用性で選べばよい話です。

まず、まず貯めるマイルの航空会社は絞るべきです。また、これまた失礼ながら少なくともスターアライアンスとJALの両にらみは非効率。同じスターアライアンスメンバーでもANAとUAはマイル合算できないのでこれも非効率ですね。
また、同じカード会社を複数持つことも同様です。複数もっても与信限度額は当然どこかで頭打ちになりますし決済ネットワークの補完もできません。
羽田のサービスなんて必要でしょうか。失礼ながら月1程度の搭乗だとあまり苦にならないかなと。私事ですが、多いか少ないかはわかりませんが年間で多い年なら130回程度、少ない年でも50回程度は搭乗しますが、正直、電車に乗る感覚に近く、空港でのサービス云々はあまり味わうことがないですね。

SFCはスターアライアンス系に搭乗する際にちょっといい思いをするための会員証とわりきって、クレジットは別と考えるなら別の選択肢もありますね。
UAUAマイレージプラスセゾンのマイルアップか、アメックススカイトラベラーでいざとなったらJALにも浮気という選択もできますから。

本当は質問者様のようにあまり搭乗回数の多くない方は、アメックススカイトラベラーやアメックスプロパーなどでポイントためて、各社のクレジットなしのマイレージカードを作っておき、マイルを使うときがくれば渡航先によってもっとも好都合なエアラインにポイント移すのが良いかと思うのです。というのも、航空会社の特典条件は変わることがありますし、渡航先によっては特定航空会社およびその加盟アライアンスでは不便な場合もありますから。
しかし、せっかくSFCがあるのでやはりこれは活かさない手はないですよね。

なお個人的にはSBIやSumiTrustはおすすめしません。SBIなどは商品ラインナップ上はよさそうに見えても所詮カード事業なんて副業もいいとこで、年会費無料の一般カードだから価値があると思いますし、SumiTrustもCITIからダイナースは買収しましたが、もとは銀行職員の受け皿会社でまともにカード事業なんてやってません。ご指摘のカード券面も悲惨この上ないのですが、さらにひどいのは引落口座が三井住友信託のみということ。つまりダイナース会員を銀行の顧客にすることに必死で、カード会員のサービス拡充やダイナースのブランドイメージの向上なんて期待できません。CITIも最悪でしたがそれ以上かと。
賛否両論はあるでしょうが、アメックスやSMCCは、日本で長年、クレジットカード事業を営んでいる会社なので、SBIのような新参カードやダイナースのように本国や日本で身売りされてどうなるかわからないようなカードよりは長く付き合えるのではないでしょうか。
所詮はクレジットカードとはいえ、カードのサービスに振り回される、ましてやカード会社に振り回されるのはどうかと。カードは使ってなんぼです。

本当に必要なサービスは何かを整理し、あったらいいよねくらいものは割り切って捨てる(1年を振り返ってほとんど使っていないサービスは今後も使わないでしょうし、使うことがあったとしても年会費を払い続ける価値があるのか疑問ではないですか)これに尽きると思います。

拝見する限りSFC1枚に絞るか(ゴールドかプラチナにすればマイル効率もあがりサービスも充実)、スターアライアンス系でマイル効率の良いカードを普段使いにしながらマイルを獲得しSFCはサービスを利用する権利を維持するための会員証としてキープするというのが良さそうには思いますがいかがでしょう。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

aoi********さん

2016/10/1012:45:17

新規入会のハードルの高さを考えるとSFCをゴールドにして一本化しかないかなと思います。ゴールドになるとマイル交換レートも上がるし前年利用額が多いとボーナスも貰えます。保険も疾病障害携行品被害は自動付帯です。

>UAマイレージプラスについて
たぶん特典航空券に関するルールの頻繁な変更は大きなリスクになるかと思います。ANAマイルの場合やはり特典航空券への交換が会員の中でも不満なようで、最近はSKYコインや他社ポイントの改変はあっても特典航空券の改変は内容に思えます。
最近はANAもガルーダ、フィリピン、ベトナム航空等スタアラ未加盟キャリアと提携をはじめマイルやラウンジ利用も一応できます。

>スカイトラベラーカードについて
ANAカードより優れていると思うのはシンガポール航空やエバー航空等を使うときかなと思います。LCCでの利用や海外ショッピングは頼りないです。BAマイルは1マイル以上の残高(フライトかAMEX経由等)があればマイル購入も可能で、直前予約での国内ローカル線往復や香港ビジネスくらいなら購入してでもおいしいことがあります。

nan********さん

2016/10/1008:08:18

1番をマイルアップメンバーにして他は捨てる。
これで解決。
年間200万以上使うなら
セゾンマイレージプラスアメックスゴールド等に変える。
毎年1500マイル貰えるので年会費分は余裕でチャラ。
年間500万までは1000円15マイルです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる