ここから本文です

国共内戦で実質的に政権争いで敗れた、国民党軍は台湾に逃れましたが国民党軍の中...

the********さん

2016/10/1017:29:23

国共内戦で実質的に政権争いで敗れた、国民党軍は台湾に逃れましたが国民党軍の中には満州地域に拠点を置くという考え方は無かったのでしょうか?

戦後、間もない頃の満州地域には膨大な数の旧関東軍勢力も存在していたみたいですし、そういった複雑な事情をうまく取り入れる事ができれば満州地域は国民党軍が共産党軍に対抗する為の拠点になれていたのでは?

それとも既に満州地域は共産党軍によって制圧されていたのですか?

あまり詳しくないので、そこら辺の事情を教えてください。

閲覧数:
82
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

knz********さん

2016/10/1019:56:03

第2次国共内戦は1946年6月に全面的に開戦となります。この時点での中共の主力勢力圏は、中共中央の位置する延安を中心とした陝西省北部・山西省と東北三省です。東北三省の都市部(瀋陽・長春など)は国民党が把握していましたが、農村部は中共が把握していました(満州に侵攻したソ連軍から引き継ぐ)。
1947年3月には国民党軍の侵攻で中共は延安を放棄して河北の農村地帯に待避します。一方で、中共の東北人民解放軍(総司令林彪)は着々とその勢力を拡大して、1947年夏には国民党軍を瀋陽(遼寧省省都)、錦州(遼寧省と河北省を結ぶ要衝)、長春(吉林省省都)に包囲します。三大戦役の最初の遼瀋戦役(1948年9-11月)で国民党軍を壊滅させ、瀋陽・錦州・長春を奪取します。この結果、東北三省は完全に人民解放軍の支配下に入りました。

なお、関東軍はソ連に降伏後、その人員はすべてシベリヤ送りとなり、苦難の労働の中で多くの犠牲者を出したことは周知なことです。

質問した人からのコメント

2016/10/10 20:22:15

回答ありがとうございます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる