ここから本文です

ドイツ語の格変化についての質問です 「j⁴/et⁴ を〜とみなす、〜ととらえる」 ...

kei********さん

2016/10/1519:40:22

ドイツ語の格変化についての質問です

「j⁴/et⁴ を〜とみなす、〜ととらえる」
という動詞を用いた場合、

能動態であれば上記の「〜」に入る名詞は対格(4格)になり、

例) Sie hat ihn als einen Feigling angesehen.
(彼女は彼を臆病者とみなした。)

受動態であれば上記でいう「Feigling」が主格(1格)になると、
文法書で見かけました。(実際の対象となるの目的語に従う)
例)Er ist von ihr als ein Feigling angesehen worden.
(彼は彼女から臆病者だとみなされた。)


ここからが本題なのですが、仮にこれが 「Lassen」 などの
使役の表現を伴った場合、すなわち「〜みなさせた/捉えさせた」とした場合、

例)Ich habe sie ihn als einen Feigling ansehen lassen.
(私は彼女に彼を臆病者だと捉えさせた。)

「Feigling」は、やはりあくまで「彼女」からの視点で考え、
に対格Akkusativになるのでしょうか。

よろしくお願いします。

閲覧数:
64
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

sek********さん

2016/10/1608:53:59

keinname991さん,

alsを「=」と考えるとわかりやすいかもしれません。

Sie hat ihn als einen Feigling angesehen.

ihn=Feigling ihnは対格なのでFeiglingも対格

Er ist von ihr als ein Feigling angesehen worden.

er=Feigling erは主格なのでFeiglingも主格

Ich habe sie ihn als einen Feigling ansehen lassen.

ihn=Feigling ihnは対格なのでFeiglingも対格

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる