ここから本文です

江戸の庶民にとって、一分金は大金だったでしょうか?

mei********さん

2016/10/1713:09:55

江戸の庶民にとって、一分金は大金だったでしょうか?

閲覧数:
384
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ban********さん

2016/10/1714:59:47

あなたにとって一万円は大金ですか?

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

dai********さん

2016/10/1720:06:12

天保六年(1835)頃、金銀貨幣の最低額のものは一朱金銀(一分の4分の1)で、それが江戸の町人の生活上では使いやすい最高単位でした。ところが、その一朱金銀、当時の銭相場を一両=六貫五百文(一文銭が6500枚)とする四百六文強にあたりますから、まだまだ日常生活には高額でした。一分金銀は約一貫六百二十四文になるのでかなり大金です。

sup********さん

2016/10/1713:20:51

一分金=1/4両なので、それなりに大金だったでしょう。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる