ここから本文です

現在、夫のDVで別居中で心療内科にも通院しています。 結婚生活は3カ月と短いので...

アバター

ID非公開さん

2016/10/1721:19:40

現在、夫のDVで別居中で心療内科にも通院しています。
結婚生活は3カ月と短いのですが、夫からのDVで不安、ストレス障害と診断されています。夫と似た方を見かけると動悸や不安、恐怖感が増し

ます。
普通、不安や恐怖感があれば、その場から隠れたり逃げたりすると思います。でも私は、
本当に夫ではないかと不安感が強くなり、その似た方を目で追ってしまったり、実際に近くまでいき確認までしないと安心できません。自分でも精神状態がおかしいのは理解していますが、そのような状態も不安、ストレス障害の症状に当てはまるのでしょうか?
よろしくお願いします。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
247
回答数:
2
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yak********さん

2016/10/1807:31:57

>>現在、夫のDVで別居中・・・お気の毒ですが 別居をして冷静に考える必要はあると思います。
ご主人との関係で 色々感じた物事に対する問題が フラッシュバックして来る。
結婚生活は3カ月と短いという事は 短期間で恐怖感や不安感が出てきてしまったのでしょう?
生活を一緒にして本当の彼の人間性が見えて感じられて 一緒に生活していく安心感、勇気、幸福感、満足感もろもろの問題が賢い貴女は感じ取ってしまったという事ではないですか?

>>そのような状態も不安、ストレス障害の症状に当てはまるのでしょうか?・・・
DVによる 急性ストレス障害に当たるのではないでしょうか?

<<本当に夫ではないかと不安感が強くなり、その似た方を目で追ってしまったり、実際に近くまでいき確認までしないと安心できません。・・・
DVを受けたご主人ではないかと 気持ちが不安になり目で追ったり近くに行き確認して 安心するという行動は フラッシュバックして行うことではないですか?

冷静に 気持ちを整理してストレス障害から抜け出せることを願っています。

お大事に・・・



薬剤師

ストレス障害とは、不安障害の一つで、ストレスにさらされた後、
うつや不安、恐怖などに悩まされる症状です。
ストレスにさらされた後、症状の発症時期や持続期間などで
①「急性ストレス障害」
②「心的外傷後ストレス障害(PTSD)」
③「適応障害」


★急性ストレス障害の原因は極度のストレスを生じさせる出来事です。
命の安全が脅かされる出来事、災害や事故、犯罪や虐待、テロや戦争などによって強い精神的衝撃を受けることが原因となります。
そのときの強い精神的衝撃が、心的外傷であり、いわゆるトラウマと呼ばれるものです。

症状は、追体験、回避行動、過覚醒があります。
追体験(フラッシュバック)
追体験(フラッシュバック)は、トラウマの原因となった出来事が蘇って、繰り返し記憶に出ます。悪夢を見ることもよくあります。

回避行動
そのため、回避行動に出ます。トラウマ体験を思い出させることに結びつくようなことを可能な限り避けます。
また、精神的に回避するために、トラウマの記憶をなくしたり、感情を麻痺させます。うつ病の症状もよく見られます。罪悪感を抱くこともよくあります。

過覚醒
そして、危険な兆候に絶えず気を配るなど、神経が高ぶった状態が続き、不眠や不安などが強く現れる症状も出ます(過覚醒)。

精神面・肉体面の症状
精神的には、不安、過敏反応、緊張、落ち着きのなさ、イライラ、集中力の低下などが生じます。
肉体的には、動機、呼吸困難、めまい、身体の凝り、震え、不眠などが生じます。

症状の持続期間
ストレス体験後、1か月以内に症状が始まり、その後2日~1か月以内で治まります。
それ以上続くと、PTSD(心的外傷後ストレス障害)と診断されます。

極度のストレスを生じさせる出来事が起こっても、必ずしも急性ストレス障害になるとは限りません。
ある研究によれば、強いトラウマ体験から急性ストレス障害を発症するのは30%~50%と言われています。
また、それからPTSDを発症するケースはそのうちの半数という結果があります。

★PTSD(心的外傷後ストレス障害)
急性ストレス障害同様、原因は極度のストレスを生じさせる出来事です。
症状は、急性ストレス障害同様です。

急性ストレス障害と違い、短期で治まらないため、より深刻です。
PTSDは、少なくとも8%の人に一生のいずれかの時点で発症します(メルクマニュアル医学百科)。

戦争を体験した退役軍人や性的暴行や暴力の被害者など、心の傷となる出来事を体験した人や目撃した人の多くに、PTSDが生じます。

PTSDの症状の持続期間
PTSDは、追体験、回避行動、過覚醒の症状が1か月以上続き、多くは1年以上続きます。
治療なく過ごした場合でも、1年後には約50%の患者は軽快すると報告されています。

ストレス障害の症状と種類
http://kokoro-help.com/trauma/stress-disorder/

アバター

質問した人からのコメント

2016/10/18 08:10:18

ストレス障害と診断されて半年になりますが、最近容姿が似た方を確認しないと安心出来なくなりました。
次回の心療内科の診察の時に先生にはお話し聞いてもらいます。
本当に、詳しく教えていただき、ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

lok********さん

2016/10/1807:53:00

そのような状態も不安、ストレス障害の症状に当てはまるのでしょうか?

どう考えても不安障害でしょ?
ご自分でも不安感があると自覚してるんでしょ?
で、病名に対しても不安感があるんでしょ?
だから知恵袋で素人に聞いている。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる