ここから本文です

4年前、バイクの単独事故の後遺症で首と腰(6箇所)にヘルニアを持っている者です。

アバター

ID非公開さん

2016/10/1820:48:13

4年前、バイクの単独事故の後遺症で首と腰(6箇所)にヘルニアを持っている者です。

先日、腰のヘルニアが原因で坐骨神経痛が発症してしまい、病院に行きました。
処方された薬を見た、薬剤師の方から『普通では処方されない強い薬』と言われ、飲みました(1ヶ月程)がちっとも改善されません。

これは私の症状が重いのか、それともちょっとした冗談のつもりで言ったのか定かではありませんが、不安です。
他の病院に行っていた時は手術を薦められましたが、経済的な問題で無理ですし、今行ってる病院からは手術の話はされていません。

私は受けたくありませんが、他の病院(3つ)で言われたように手術を受けた方が良いのでしょうか??
手術を受けたことの有る方、若しくは同じ様な症状の方、ご意見をお願い致します。


※処方させた薬はナボールSRカプセル37.5、プロテカジンOD錠10、牛車腎気丸の3種類でした。

閲覧数:
239
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ラスカルさん

2016/10/1911:09:59

しがない痛みの医者です
それ程強くはありません、やや強い程度です
ナボールSRカプセルの長期使用には副作用の危険性があります
トラムセットの方が良いですね

>他の病院(3つ)で言われたように手術を受けた方が良いのでしょうか??
ある医学部教授の文章です
「椎間板ヘルニアに対する有効率は短期的には手術療法が保存療法よりやや有効であるが、治療施行4年以降は保存療法と手術療法との間に優位差がなく、手術の長期成績と保存療法の長期成績は変わらない。

MRIによる追跡調査でも椎間板ヘルニアの自然消失、縮小が起こることが観察されており、神経ブロック療法を施行し、1年間保存的に治療した報告では、84人中64人でヘルニアの縮小が認められている。椎間板ヘルニアのサイズが大きいもの、遊離脱出したもの、造影MRIでリング状に造影されるものは自然縮小、消失しやすい。このように椎間板ヘルニアは自然治癒しやすい疾患である。

急性の膀胱直腸障害、進行する神経脱落症状(MMT3以下の筋力低下)のような絶対的手術適応、2~3ヶ月程度の十分かつ積極的な保存的治療が無効の場合や患者が手術を希望する場合以外は保存的療法が基本である。

腰椎椎間板ヘルニアの症状で手術を受けた患者数(10万人中)は、米国で45~90人、フィンランドで35人、英国で10人に対し、日本では10万人中740人(入院患者数からの推定)と高率になっている。

腰椎椎間板ヘルニアによる神経根症は90%程度が神経ブロックなどの保存的治療に反応する病態であり、「手持ちのカードは手術しかないから手術をする」は、現在の医療情勢では、医療トラブルのもとになりかねない。」
手術は不愉快な全ての症状を除く魔法ではありません
悪化する人も変わらない人もいます
手術の絶対的の適応は排便・排尿が出来なくなった場合だけです

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

Yahoo!知恵袋 特別企画

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる