ここから本文です

ターボチャージャーって、名前は凄いような気がしますが。 化学的な原理で、...

アバター

ID非公開さん

2016/10/2217:34:16

ターボチャージャーって、名前は凄いような気がしますが。


化学的な原理で、圧縮された空気と、気化燃焼の混合の方が燃焼したときの爆発力が増加する。

ということで合ってますか?

補足があったら教えてください。

通常のエンジンだと空気の加圧はないわけですよね。

閲覧数:
122
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

k_f********さん

2016/10/2305:02:21

「過給」の手段がTurbo、って事です。
過給は、過給するのは、事前に圧縮して「濃い」空気を吸わせる事で、充填効率を上げる為、です。
充填効率が高く成れば、多くの空気が膨張する事に成って、トルクも出力も増える。

それから、、、
ガソリン気化蒸気の混合気を点火着火した位では、火焔伝搬速度が100m/sに届くか届かないか位の「遅さ」なので、とても爆轟したとは言えないそうです。
燃焼はしても、爆発はして無い、との事。

って事で、充填効率を上げる、吸わせる空気を増やす、と、膨張する量が多く成るので、トルクも出力(=仕事)も増える、です。

アバター

質問した人からのコメント

2016/10/23 09:14:50

回答ありがとうございます!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ebj********さん

2016/10/2306:49:39

言葉としては、ジャンボ・ターボ・チャージャー&スーパー・チャージャーの方が凄くないですか♪

>化学的な原理で、圧縮された空気と、気化燃焼の混合の方が燃焼したときの爆発力が増加する。
???・・・・・

>通常のエンジンだと空気の加圧はないわけですよね。


*″ガソリン・エンジンの空燃比”は、14,7:1(重量比)とされている事に注目して下さい。
*キャブレーター式と電子制御噴射式エンジンに再注目して下さい。

其処で>通常のエンジンだと空気の加圧はないわけですよね・・・気圧の変化は解りますょね?東京都内と富士山の頂上では気圧が違います・・ですから、>「通常のエンジンだと空気の加圧はないわけですよね」は根本的に少し考え方が違いますょ。

キャブ仕様の車を都内でベスト・コンデションにセッティングして、富士スピードウェイに持って行って走らせると、真面には走りません・・気圧の違いで空気が薄い為、燃料が濃い状態に成るので、現地セッティングをし直さないと不味いです。

フュエル・インジェクション車の場合は、キャブ仕様車とは違い、外気温&吸気温&エンジン作動温度&大気圧&GPS位置情報(全ての車では無い)等のセンサーで、ECU内シーケンサー処理されるので、キャブ車の様なトラブルは少なく成ります。前記の文面から何らかのヒントは得られる筈。

言葉としては、ジャンボ・ターボ・チャージャー&スーパー・チャージャーの方が凄くないですか♪...

mnd********さん

2016/10/2306:25:35

>圧縮された空気と、気化燃焼の混合の方が
燃焼したときの爆発力が増加する。

ご質問の通り

>圧縮された空気と、気化燃焼の混合の方が
燃焼したときの爆発力が増加する。

ご質問の通り

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

yam********さん

2016/10/2305:01:23

難しいことを考えなくても、2倍の空気があれば2倍の燃料が燃やせる訳で、エネ保存則から効率を考えなければ、2倍の運動エネルギーを得ることができる。

プロフィール画像

カテゴリマスター

fau********さん

2016/10/2219:45:01

>ということで合ってますか?

たぶん違いますね。
根拠は「~~ということで合ってますか? 」とか「~~という考えで合っていますか?」と質問する人の考えは たいてい間違えているから。


>化学的な原理で、圧縮された空気と、気化燃焼の混合の方が燃焼したときの爆発力が増加する。

燃焼反応は「化学」でしょうけど、ターボチャージャーの原理は「化学」ではないでしょう。「科学」なら当てはまりますが。
むしろ「物理」が一番近いと思います。

圧力を上げるのが目的なら、その後にインタークラーを付けて温度を下げるようなことはしません。
温度が下がれば圧力も低くなってしまいますから。

「気化燃焼の混合」は意味が不明です。


>通常のエンジンだと空気の加圧はないわけですよね。

「通常のエンジン」が あまりに幅が広いです。
ガソリン、軽油、重油、ジェット燃料・・・
レシプロ、ロータリー、ガスタービン、焼玉エンジン・・・
航空機用、船舶用、汎用・・・

「ターボチャージャーの付いていないエンジンだと空気の加圧はないわけですよね」・・なら、それも違います。
多くのエンジンで、エンジンの内部で空気を加圧しますから。

「ターボチャージャーの付いていないエンジンだとエンジン本体に入れる前には空気の加圧はないわけですよね」・・なら、それも違います。
過給機はターボチャージャーだけではありませんから。

per********さん

2016/10/2218:03:05

圧縮空気を取り込む、ということは、同じシリンダ体積でも取り込む分子数が増えるわけなので1回あたりの燃焼エネルギーが増える、ってことです。
通常は、常圧の空気をシリンダに吸い込みます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる