ここから本文です

ベーチェット病についての質問です。 看護学生です。ベーチェット病の患者さんを...

man********さん

2016/11/1302:00:05

ベーチェット病についての質問です。
看護学生です。ベーチェット病の患者さんを受け持ったのですが、ベーチェット病について調べても詳しくわからなかったので質問させていただきます。

ベーチェット病、誤嚥性肺炎、咽頭狭窄症によってなんで気管切開しないといけないのですか?また、ベーチェット病、上大静脈症候群、嚥下障害によって左前胸部ポート留置しないといけないのはなぜですか?
また、ベーチェット病は、血管狭窄するのでしょうか?
慢性不全や咽頭狭窄症、食道狭窄症はベーチェット病は関係あるのですか?

閲覧数:
517
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hem********さん

2016/11/1302:31:54

あまり質問が正確ではないような・・・
とにかく質問から分かる情報の範囲でお答えします。


咽頭狭窄症:気道が狭窄しますので、呼吸がしにくくなります。
ですので気管切開が必要となる場合があります。

ポート留置に関しては、嚥下障害によって十分な栄養が摂取できない状況と考えられ、それを補うために高カロリー輸液が必要な状況だからではないでしょうか。
輸液のルートとして長期留置が必要であればポートを選択するのは一般的です。

ベーチェット病は血管にも炎症が起こるため、血管狭窄を起こす事もあります。

ベーチェット病の場合には消化管に潰瘍ができ、そのために潰瘍ができた部位に狭窄が起こる事はあります。

http://www.nanbyou.or.jp/entry/330 患者さんもこのURLくらいの知識はあると思っておいた方がいいです、経過が長い事が多いので。

実習大変でしょうが、お身体に気をつけて頑張ってください。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる