ここから本文です

相手の事を考えるということ、相手に何かを打ち込める人間について 部下を叱り...

mij********さん

2016/11/711:36:08

相手の事を考えるということ、相手に何かを打ち込める人間について

部下を叱りとばしてばかりなのに部下から信頼される上司
部下から嫌われ尊敬されない上司
どちらも実績としては同程度に

積んでいるが、違いがある。
その違いは何だろう?と最近考える機会がありました。

その違いを分かっていなければ、おそらく自分も後者の上司と同じようになってしまうに違いないし、現に後輩に対してそうなっているかもしれない。だから、違いを明らかにしたいと思いました。

この違いは「いかに相手の事を考えているか」に尽きると感じるようになってきました。
「相手の事を考える」って言葉は簡単に言えますし、文字にしてみるとたったの8文字です。
しかし、私のようにずーっと自己中心的に生きてきた人間や社会に出たての大学生などにとっては、理解して実戦に移すのは中々難しい言葉だと思います。なぜなら、自分中心の思考が癖になっているから。「自分ちゃんモード」で常に動いているから。だから「他人の心」というものが見えない。そもそも見ようとしない。

現段階で私の思う「相手の事を考えている人」とは

「この人はどんな事を考えているんだろう?」
「この人の行動や言動の癖はなんだろう?」
「この人の関心のある事はなんだろう?」
「この人はどんな事をしたら喜ぶだろう?」
「この人にはどういう伝え方をすると伝わりやすいだろう?」
こういう事を、相手の言動や行動を観察したり、頻繁に会話していく中で明らかにしている人です。
重要だと思うのは思い込みや決めつけで相手の事を判断していないことです。相手をありのまま観察し、よく会話し、相手の考えや関心をありのままに把握できている人です。

実績に加えて、相手の事をよくよく考えている人が、相手に何かを打ち込める人だということにだんだん気づいてきました。

少し話が逸れますが、顧客に対しては相手の事を考えることができるのに、社内の人間関係や家庭での人間関係になった途端に相手の事を考えられなくなる人(考えなくなる人?)が多いという事にも気がつきました。これは何故なのか、まだはっきりした答えはありませんが興味深いです。

まとめると、相手の事を考えるとは、相手をよく観察し、相手とよく会話し、相手の考えや気持ちを踏まえて接する、これが鍵だと思うようになってきました。(私は現段階で全くできていません)

また、さらに進んで「非常に強い影響力」を持つ人に共通していると感じている事があります。カミヤさんや私の会社のトップがそうなのですが、

「凄く厳しいのに、凄く温かい」

という事です。
言葉で表現しづらく、これは不思議な感覚なのですが、こういう何か別次元のものもあります。これこそ素養なのだろうかと思います。

この道のプロフェッショナルであるカミヤさんから、上記について言及いただけると幸いです。よろしくお願いいたします。

補足質問が観念的なので身近な具体例を出してみます。電車ですぐに席を譲れる人は「相手の事を考えている人」だと思います。相手が老人であれば「この人は立っているのが大変だろうから、席を譲ると嬉しいだろう」と考えるのが「相手の事を考える」という事だと思います。飲食店でご飯を食べた後に「店員は今忙しいだろうから、自分が食べた物の食器を綺麗に整えて机を拭いておくと、仕事がスムーズに進んで嬉しいだろう」と考える人は「相手の事を考えている人」だと思います。こういう事を「常に」考えていて、それが「当たり前」になっている人が「相手の事を考えている人」であり、こういう人が誰かに何かを打ち込める人であり、周囲から信頼される人だと言えると思います。さらに、これを顧客のみならず社内の人間、家庭、友人、後輩全ての人に対してできる人で、なおかつ信念と価値観がしっかりしている人が社内の人間関係を円滑にできる人だと思います。(真っ当な社会人ならば当たり前の事かもしれません)

この質問は、nur********さんに回答をリクエストしました。

閲覧数:
626
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nur********さん

リクエストマッチ

2016/11/823:49:56

軸の問題なんだよな。
相手のことを考えることが正しいわけではないんだよ。
人間関係は、相手と正しく付き合うことに意義があるんだ。
だから極論だけど、相手のことなんかどうでもよくてまるで考えなくても、「正しい付き合い」というものが成立することもあるんだよ。
例えば具体的な事例として、電車で席を譲るということが挙げられているけど。
相手が全然座りたくないこともある。最高級の柔らかいカシミアのコートなんか着てたら、座ったらシワになっちゃうから。
でも、そんな相手のことをまるで考えずに、「どうぞ」と席を空けるのは一つの正しい行為なんだよ。
それは自分の中にある「正しさ」というもので行動しているから成立するんだよな。
社長がいちいち部下の心情なんて考えずに、一方的に命令を下すなんてよくあるよ。そうだろ?
「適材適所」なんて綺麗事を言ってたら、企業は成立しない。命じられたことは何でもやれ、というのが現実だ。
何かを打ち込むも何も、仕事なんて「お前、これをやれ!」と上から命じられるばかりだろうよ。
つまり、仕事観というものは、命令に従う、ということが非常に重要な柱であるわけだ。
規律・命令・服従・献身というなぁ。この四つの柱で仕事観が構成されているんだよな。
だから、相手に打ち込もうと思えば、必ずこの四つの柱に則ってやらなければならない、ということがまずある。
しかし現代人はどうもどの柱もねぇから(笑)。
そういう連中を相手にする場合は、まず柱を立ててやることから始めるしかないわなぁ。
私の話の多くはそういうものなんだよ。
つまり、何かを打ち込むには、自分の中にその柱が立ってなきゃいけないんだよ。仕事であれば、仕事観の柱が必要なの。
人間関係なら人間観とかということになるよな。私の場合は歴史的な偉人研究から構築した柱だよ。
だけど君も知っての通り、なかなか難しいんだよ(笑)。それはもちろん、現代民主主義というバカバカしい思想にみんなが覆われているからだ。
自己中心に生きたい人間相手に、「他者貢献をしろ」ということは、真逆の方向だからな。
だから私の場合、常に同じことばかり言ってるわけだよ。私は「やれ」と言っているだけ。そうだろ?
相手によって「やらなくていいよ」なんて言ったことはねぇ。
相手によって変わるのは、何をやるのかという項目だけだ。でも、その項目を「やれ」と言っているんだよな。
で、その変わる項目は常にその人の目の前にあるもの、ということだよな。みんな何を目の前にしているのかは違うわけだから、それで変わるだけだよ。
そのトップの方に対して君が「優しい」と感ずるのは、君の仕事観が成って来たということだな。
他者貢献させてやることが、本当の優しさなんだから。何かの役に立つ人間にさせてやるのが教育というものの根本なんだから。
会社に雇ってやるということは、「お前にガンガン役に立つことをさせてやるぞ」という意味なんだよ。
役に立つという人間本来の意義をわかってきたら、あとはいつでもどこでも、そうしたくなるのが本来の流れだよなぁ。
だって、「人間」ってそういうものなんだからな。
電車で席を譲りたくないなんて奴はもうダメよ(笑)。要は仕事が出来ないグズに決まってんだよな。会社をクビになってないなら、ただぶら下がって生かしてもらってるだけの家畜よ。
人間って、「やりたい」と思ったら無限に発想が湧き、無限に積み上げて行けるものなんだよ。何も難しいことなんかないのな。
だから、何かを打ち込むというのは、何かをやらせることなんだ。
私の中には、例えば文学や哲学なんかがあるよ。だからそれを使ってるだけで、別にそんなもの必要なわけでもないんだよな。
本なんか読んだことないような職人だって、「やりたい」と思ったらいろんな人間に打ち込める存在になってるよ。
ただ、一流の人間は文学を中心とした読書をしているということは以前から言っている。それは重層構造を築くためなんだ。
その重層構造を職人は仕事の中から学んで構築することも多い、ということだな。そういう職人が読書をしたら、一流になっても行くよ。
「やりたい」と思って初めて人間は考える。まあ、人間的な思考というものだよな。
きちんと仕事を仕上げようと思ったら、確認と報告は自然に成って来る。難しい仕事をやろうと思ったら、更にそういうものが詳細になって行くし、また段取りや根回しなんかもしていくようになるよ。
自ら「やる」という気持ちになるかどうかだよな。好き嫌いに関わりなく「やる」と決めればいいだけなんだよなぁ。

質問した人からのコメント

2016/11/9 23:18:49

「何かを打ち込むには、自分の中にその柱が立ってなきゃいけないんだよ。仕事であれば、仕事観の柱が必要なの。」ここが今の私に足りないところだと改めて痛感いたしました。人物研究もまだまだ足りなさすぎます。本日も貴重なご指摘をくださり、ありがとうございました。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる