ここから本文です

「とても長い」長文②

SITAR (シタール)さん

2008/5/2210:53:46

「とても長い」長文②

以下の英文を訳したところ、すっごく「変な」日本語になってしまいます。
全部で4段落あるうちの1段落目ですが、「Yahoo!翻訳」などを使ったところ、こんな感じになってしまいました。


There was a man in the land of Uz, whose name was Job; and that man was perfect and upright, one that feared God, and eschewed evil.” With one stroke the unknown author has given us a kind of information never obtained about real people, even about our most intimate friends. Yet it is information that we must accept without question if we are to grasp the story that is to follow. In life if a friend confided his view that his friend was “perfect and upright,” we would accept the information with qualifications imposed by our knowledge of the speaker’s character or of the general fallibility of mankind. We could never trust even the most reliable of witnesses as completely as we trust the author of the opening statement about Job. ... This form of artificial authority has been present in most narrative until recent times.


ヨブという名の男がウズの国に住んでいました。彼は完璧で、まっすぐに、神を恐れ、悪を避けました。」
1つの仕事で、我々の大部分の親友についてさえ、無名の著者は、
我々に決して本当の人々について得られない一種の情報を与えました。
それでも、我々があとに続くことになっている物語を握ることになっているならば、
我々が問題無く受け入れなければならないことは、情報です。
友人が彼の友人が「完璧でまっすぐだった」という彼の見方を打ち明けるならば、人生で、我々は話者の性格の、または、人類の一般的な誤りやすさの我々の知識によって資質を負わせて情報を受け入れるでしょう。
我々は、我々がヨブについて冒頭陳述の作成者を信用するほど完全に、
目撃者で最も信頼できるものを決して信頼することができませんでした。



以下のリンクは第1段落です。こちらも合わせ、どうぞよろしくお願いします。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1416671479

補足※訂正

(誤)全部で4段落あるうちの1段落目ですが
(正)全部で4段落あるうちの2段落目ですが

閲覧数:
673
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ナナさん

2008/5/2822:14:34

A man of the name of Job lived in the country of Uz. He feared the god perfect, and straight, and avoided evil. 」
An unknown author gave a kind of information that we never obtained about true people even about the majority of best friends of us working one. Still, we are unquestionable and accept is information. supposed to grip the story that we are supposed to followThe friend accepts, and if his friend tells his "It was perfect and it was straight" view, we would make the nature owed by knowledge of us of speaker's character or human race's general easiness to mistake and accept information in the life. We were not able never to trust the one that it was possible to trust it our confidence of the manufacturer of the opening statement of Job completely in the witness.

これは,少し意味が違うようになっているので,手直ししないと通じません。
間違っている部分は,カタカナの名前の所です。
前半の部分が意味が違くて,後半は合っています。
色々と,頑張ってください。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる