ここから本文です

最近の美容院のシャンプー台について美容師さんに質問です。

mug********さん

2016/11/1423:17:20

最近の美容院のシャンプー台について美容師さんに質問です。

最近、完全に倒れずに中途半端に少しだけリクライニングするシャンプー台にときどき遭遇するのですが、あれは従来通りのシャンプー台のように倒すことはできないのでしょうか?

先日行った美容院がまさにそのシャンプー台だったのですが、首の後ろに洗い残しがあるようで気持ち悪いし、ヘアカラーをしたのですが、洗い流すときに首の後ろからカラー剤が混じったお湯が流れ込んだようで、帰ってみたら洋服の首の後ろ部分にカラー剤のシミができていました。

仕上がりがとても気に入ったのでぜひ次回も行きたいのですが、毎度首の後ろから流れ込まないか、ヒヤヒヤするのも嫌です。

最近のそのシャンプー台が倒せる仕様ならば倒して洗ってもらえるように頼もうかと思うのですが、倒せないなら予約自体するのをやめようと思います。

この手のシャンプー台の仕様をご存じの美容師さん、ぜひ教えてください。

閲覧数:
2,301
回答数:
4
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

bla********さん

2016/11/1612:59:27

シャンプー台は皆さんのおっしゃるように倒せないと思います。
が、倒せるタイプでも倒せなくても、首から流れ込むか込まないか、またそのような不安をお客様に抱かせてしまうかしまわないかも美容師さんの腕と気持ち次第なので、仕上がりが気にいられているなら予約をやめるのではなく、まず美容院側にそのことを伝えてみてはどうでしょうか?

この手のタイプのシャンプー台が慣れていなくて流れ込まないか心配だということと、言いづらいでしょうが前回洋服の首の後ろにカラー剤のシミが出来てしまったことなども伝えなければお店側もわかりません。
クレームを言うようで嫌かもしれませんが、一度伝えることによって美容師さんはさらに気をつけてシャンプーしてくれます。

また、シャンプー時美容師さんに気を遣われて自分から首を持ち上げたり頭を軽くするように気を遣われる方もいますが、その行為自体が余計首元を濡らす行為になってしまうので、美容師さんに頭の重みを全て預けるようにされると、流れ込みを防げます。

  • 質問者

    mug********さん

    2016/11/1615:26:48

    ありがとうございます。
    おっしゃるとおり、なかなか気に入った美容院を見つけるのが難しい中、シャンプー台ごときで次回の予約を迷うのは腹立たしい気分です。
    シャンプーされた方は明らかに新人さんで、慣れていないような印象でした。
    次回は思い切って今回の件を伝えてみようと思います。
    頭の重みを全て預けるようにした方が流れ込みが防げる・・・勉強になりました。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2016/11/1610:30:45

すでに回答は出てますね

その椅子をしっかりと倒す事は構造上無理です

なので美容師が気を付けるしかないです

質問者様にできるのは襟の無い服を選んでいく、もしくは襟の柔らかいシャツにする
これからのシーズンだとタートルネックやフード付きのものは避ける
シャンプー時に首を上げない
首がシャンプー台の上に来るように深く腰掛ける

これだけでも事故は減ると思います

あとはフルフラットのシャンプー台のお店を選ぶ事くらいです
これは設備費が非常に高いのである程度以上の単価のお店である事が多いと思います

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ken********さん

編集あり2016/11/1600:53:15

リアシャンプーといって、残念ながら完全に倒す事は出来ません。

でもそれだけで諦めるのは勿体無いですね。

対処方法をいくつかあげておきます。



苦しくない範囲で、出来るだけ襟足まで洗いやすいように頭を出しましょう。

出来るだけ襟がない服にしましょう。

襟足を流すときに絶対に頭を持ち上げないようにしましょう。
完全にもたれた方が絶対に美容師もやり易いんです。

サラッと「服の襟は折った方がいいですか?」って聞くと、美容師が気を付けてくれたり、美容室によって、襟に撥水性のカバーを付けてくれるとこもありますよ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2016/11/1508:44:36

こんにちは!最近の美容室では、貴方様が今回経験されたバックシャンプーと言われる物と従来通りのサイドシャンプーと言われる2つのタイプが主流になってきています・・・
バックシャンプーの場合は残念ながら椅子その物は倒れません。少しは前後にずらすことは出来るのですが・・・バックシャンプーのメリットを簡単に説明すると美容師の腰の負担を軽減する事が大きなメリットで、それと同時にお客様へも腰、背中の負担、首への負担を軽減してる事が大きなメリットなのです(従来のサイドシャンプーと比較して・・・)参考までに、従来のシャンプー台(サイドシャンプー台)はシャンプーボウルと椅子が別になってる為、店舗を施工した業者や店舗条件等によりシャンプーボウルとシャンプー椅子とに微妙に段差が出来る事が多々あり、椅子の角度を調整したりしても稀に?個人差により?腰や首に凄く負担がかかるケースが多く見受けられることが有りました・・・(施術する美容師に対してもです・・・)
それで、最近ではシャンプーボウルとシャンプー椅子が一体化してるシャンプー台が増えてきてる訳です・・・
勿論、サイドシャンプータイプでもシャンプーボウルとシャンプー椅子が一体化してる商品も有り、こちらのタイプはほぼ体がフラットに寝ることが出来お客様への体に対する負担は他のタイプとは比べ物にならないくらい楽になってきてます(ただ従来のサイドシャンプータイプの設備の倍近い設備費が必要になります)
なので、どうしても新しくオープンするお店等でバックシャンプーを採用するお店が増えてるのが実情です・・・
話がずれてしまいましたが、どちらにしろ首の付け根あたりに洗い流しが有りそうな感覚有ったり、襟が汚れてしまってたのでしたらそれは美容師の技術不足によるものですので、次回の時にその事実を直接申し出られるのが得策です何らかの改善策はキチンととってくれると思います・・・

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる