ここから本文です

昭和ガメラシリーズについて質問があります。 昭和シリーズでは、何やら前作がヒ...

kfq********さん

2016/11/1512:12:41

昭和ガメラシリーズについて質問があります。
昭和シリーズでは、何やら前作がヒットする度にその次の作品は予算を減らされていたそうですが、どうしてですか?

閲覧数:
71
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kou********さん

編集あり2016/11/1512:57:17

映画産業の斜陽化が進むなか1970年4月、共に経営難に苦しむ大映と日活が「ダイニチ映配株式会社」を設立、共同配給をスタートします。
しかし、観客の映画館離れを食い止めることはできず、翌71年8月には日活が製作を中止、ロマンポルノ路線に転換し、大映は12月に倒産をしました。

つまり、ある程度の観客動員を見込める「ガメラシリーズ」や関根恵子(現・高橋惠子)の青春映画を、ギリギリの予算で製作し、とりあえずの利益を確保しようとした。『恵子ちゃんが脱がないと、おまんま食えない』ヌードをスタッフが懇願するくらいの経営危機だった。で、ヌード路線は、日活ロマンポルノへ引き継がれる。

関根恵子(現・高橋惠子)プロフィール>
北海道出身。1970年、大映へ入社。同年「高校生ブルース」で主演デビューを果たす。続く「おさな妻」では、ゴールデンアロー賞新人賞を受賞。弱冠15歳にしてヌードも辞さない体当たり演技と、スラリと伸びたしなやかな肢体が一躍注目され、主演映画を連発。その後も「高校生心中 純愛」「樹氷悲歌」などに主演し、渥美マリとともに“レモンセックス路線”のシンボルとして活躍。旧大映末期を看板女優として支えた。
日本映画専門チャンネルより

質問した人からのコメント

2016/11/15 13:26:31

ありがとうございます。
なるほど、ガメラ自体は儲かっていたけど会社の経営は傾いていたと言うことですね。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる