ここから本文です

他責・・・環境が親が学校が他人が悪い

uma********さん

2016/11/1907:47:38

他責・・・環境が親が学校が他人が悪い

自責・・・自分が悪い、能力が足りてない、

と考える。そう考えると

西洋→他責の文化。悪い病原菌をやっつける、悪いところは切り取る、サプリをとる。
アメリカなんてそのさいたるものですよね。自分達は正義だと信じて疑わない
これは何となくキリスト教の教えに元づくものですかね?

日本→自責の文化。すぐ謝る、主張しない。これは大乗仏教(本来の仏陀の教えに上下優劣をつけた?)と何となく思います

原始仏教→良いも悪いもない。自分に原因があり、自分しだい。
これは漢方にも通じると思います、内面から変えていく

これをみると西洋は精神が破綻すると他殺する人が多く、日本人は自殺する人が多いのもわかる気がします

はっきりいってあまり勉強してないのであくまでそう感じただけなのですが皆さんいかが思われますか?

閲覧数:
72
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

qwe********さん

2016/11/2004:13:28

自責と他責は複雑な層になって折り重なっているものではないかと思うので、単純に二分化できないんじゃないかと個人的には思います。
西洋は罪の文化で、日本は恥の文化といわれることがあります。
西洋の罪の意識はキリスト教に根付くものかと思いますし、人は生まれながらの罪人と考えますから、矛盾しているようですが、他責自体が自責から逃れる手段として過激化するのではないかという気がします。
逆に日本の恥はどこまでいっても自らにまつわる恥で、それは善悪判断とは別のところから発している認識なのかもしれません。自分が悪いかどうかよりも、恥じ入るべきか否かが行動を規定するところはあるように思います。自己主張しないのも、主張しなければ理解されない自分を恥じているということもできるのかなと。
そういう意味では質問者さん仰るところの原始仏教の「良いも悪いもない」というのが近いのかなと個人的には思います。

こういう問題提起は面白いですね。示唆に富むご質問を有難うございました。

  • 質問者

    uma********さん

    2016/11/2004:43:43

    〉単純に二分化できないんじゃないかと個人的には思います。

    おしっしゃるとおりと僕も思います。
    経験上言えるのは精神が不安定になりやすい人(自分もですが)は自責か他責か極端な人が多いような気がします。
    自分自身を振り返ると自分を責めると心が壊れると無意識に分かると過激に反応してるきがします。


    〉逆に日本の恥は
    は質問者さん仰るところの原始仏教の「良いも悪いもない」というのが近いのかなと個人的には思います。

    恥の文化という視点ではあまり考えてませんでした。色々勉強してみます。

    〉こういう問題提起は面白いですね。示唆に富むご質問を有難うございました。

    こちらこそ自分には無いご提示いただきありがとうございます。
    はっきり言って僕は学がないのです。
    が多分人より感受性は高いと思ってます。
    そして変に学がないぶん、素直に思ったこと感じたことを書いてます

    qwei004さんのような方と対話できてうれしいです

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2016/11/20 08:06:30

ヤフー知恵袋をしててげんなりすることも多いですが、このような出会いと気付きを与えられる場でもあると改めて思いました。
小泉八雲の日本人論は近いうちに是非よんでみたくなりました。
ありがとうございました。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる