ここから本文です

次の問題がわかりません

アバター

ID非公開さん

2016/11/2409:05:50

次の問題がわかりません

真空中で一辺の長さがaの正六角形ABCDEFの導線回路に定常電流Iが反時計回りに流れているとき、正六角形の中心Oから紙面に垂直表側向きに距離hの点pに作られる磁束密度を求めよ。
なお磁束密度はベクトル場であることに注意してその大きさと向きを電流の向きとの関係がわかるように図も使って示すこと。

閲覧数:
87
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

cda********さん

2016/11/2414:30:53

磁束密度Bと磁界Hの間の関係は
B=μH
直線電流からrなる距離にある点の磁界Hは
H=I/(2πr)
単位はHはAT/m、BはWb/㎡
μは真空中では、μo=1.257x10^-6

これらを使って、あとは幾何学で積分も使うが、ベクトル合成の問題だ。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる