ここから本文です

有意水準5%での比較のやり方を教えてください。

アバター

ID非公開さん

2016/11/2703:55:34

有意水準5%での比較のやり方を教えてください。

二つの学部で学力に差があるかないかを知るために行います。
現在平均値、最大値、最小値、標準偏差、平均±標準偏差を出し終わったのですがその後つまり比較の仕方がわかりません。わかる方教えてください。よろしくお願いします。

閲覧数:
370
回答数:
1
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

アバター

ID非公開さん

2016/12/206:11:40

手順は文章で書いても図がないと分かりにくいと思いますので,
「特に重要なポイント」を押さえます。

差があるかないかを知るには「検定」を使いますが,
その手順は,
1,母集団を定義(これはこの場合は学生ですね)
2,帰無仮説と対立仮設を設定する【重要】
3,どの検定を行うかを決める(2つの差を見るときはt検定です。覚えてください)
4,有意水準を決定する(5%ですね)
5,いろいろな値を出す(次に示すページを見て,Excelで出してください。手計算だと死にます)
6,棄却域に入っているかどうかを調べる(t分布表を参照)
7,「対立仮説は正しい」か,「帰無仮説が誤っているとは言えない」かを判断する

手順だけでも死にそうです。(手順5)
http://www.geisya.or.jp/~mwm48961/statistics/bunsan1.htm
こちらのページを,拡大したり印刷したりして読んでください。

一応ですが,この場合,分散分析は不要,F検定は必要というのが普通の見方です。
質問者さんの場合は「対応がない」「分散が異なる」「標本が2つ」が
キーワードですので,これらに注意して,
ご自身にとって分かりやすいページを見るのがいいかと思います。。



さて,このページで分かりにくいので帰無仮説と対立仮説を。
用語云々の厳密な説明は,Google検索結果や諸先生にお任せして,
ざっくりですが,こう覚えてください。

「帰無仮説」:トンデモ仮説。まずなさそうなこと
「対立仮説」:普通そうなりそうなこと

※これは,「こういう風に設定すると便利だよ」という目安です。
言葉の意味ではありませんが,意味より大切です。

つまり,この場合だと,
「学生が違う2つの学部で,学力がまっったく同じで差がゼロ」
なんてことは普通はあり得ません。
なので,「学力差がゼロ」が帰無仮説,と設定するのです。

逆に対立仮説は「まぁちょっとくらいは差があるんじゃない?」です。

*

あとは手順ですが・・・上記のURLのように,
慣れないうちは一人では大変かと思います。気が遠くなります。

研究(卒論など)なのか課題なのかは分かりませんが,
人と相談しながら根気よく頑張ってください^^

「有意差出し方」の検索結果

検索結果をもっと見る

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる