ここから本文です

御伽草子の鉢かづきという話に出てくる調度品を探しているのですが、なにがありま...

jga********さん

2016/12/216:25:50

御伽草子の鉢かづきという話に出てくる調度品を探しているのですが、なにがありますか?

また、鉢は調度品ではないのですか?

閲覧数:
119
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

aom********さん

2016/12/223:39:30

まず、鉢かづきの生母が、死の直前に取り出した「手箱」。

あとは、鉢に仕込んであった、
「金の丸かせ、金の盃、銀の小提子、砂金にて作りたる三つなりの橘、銀にて作りたるけんぽの梨」。

「十二単の御小袖、紅の千入の袴」は、
衣装だから、「調度」には入らない。

嫡子の御嫁御前(と、鉢かづき)が、引き出物を載せていた「広蓋」。
鉢かづきが、舅殿への御引出物を載せた広蓋を置いた「銀の台」、
姑御前への御引出物を置いた「金の台」。

こういうものが、「調度」。
身の回りの小物や小型の家具の中でも、美術品としての価値を備え、
実用、装飾の性質を兼ね備えるもの。

「鉢」は、食器だからねえ・・・
「調度品」とは言えないのでは。
この鉢が、蒔絵でも施されていて、美的価値があったら、入るかもしれないけど、
人々の取り扱いから見て、そうとも思われないし、
もし、多少、金銀が蒔かれていたとしても、
放浪の途中や入水の際に、雨風にさらされて、
塗りから剥げていただろうしね。
漆器は繊細なものですから。

それぞれの物品が具体的にどういうものなのかは、自分で調べてね。

質問した人からのコメント

2016/12/7 09:29:10

とても助かりました。ありがとうございました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

mae********さん

2016/12/216:30:11

「かづき」は鉢では無く「かぶる」と云う意味の古語です。

鉢かづき姫は鉢かぶり姫と云う意味。

調度品って何??

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる