ここから本文です

民事再生法93条1項2号について 1、支払不能(再生債務者が、支払能力を欠くた...

アバター

ID非公開さん

2016/12/220:43:13

民事再生法93条1項2号について
1、支払不能(再生債務者が、支払能力を欠くために、その債務のうち弁済期にあるものにつき、一般的かつ継続的に弁済することができない状態をいう。以下同じ。

)になった後に契約によって負担する債務を専ら再生債権をもってする相殺に供する目的で再生債務者の財産の処分を内容とする契約を再生債務者との間で締結し
2、再生債務者に対して債務を負担する者の債務を引き受けることを内容とする契約を締結することにより再生債務者に対して債務を負担した場合であって、当該契約の締結の当時、支払不能であったことを知っていたとき。
とはどういう場合ですか。例などを出してくださるとうれしいです。

閲覧数:
38
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2016/12/305:58:55

弘文堂の条解 民事再生法で該当箇所を読んでください。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。