ここから本文です

全くと言っていいほど関わりのない寺からの集金に関して質問です。 前回お世話...

tur********さん

2016/12/414:10:13

全くと言っていいほど関わりのない寺からの集金に関して質問です。

前回お世話になったのは16年前、叔母が亡くなった際お経を読んだきりで、毎年年末に集金のためだけに来る以外、一切来るこ

とはありません。金額は一万円程度、修繕費名目で最大10万円の時もありました。


これって払い続けなければいけないのでしょうか?

閲覧数:
138
回答数:
8

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

plm********さん

2016/12/418:04:20

そのお寺さんは、あなたのことを、
完全にお檀家さんだと思っています。
年末に集金にくるのは護持会費というもので、
すべてのお檀家さんが納めています。

それまでお寺と付き合いのなかった人が、
家族の葬式をきっかけにお檀家さんになるのは
良くあることです。
檀家になるといっても申請書のようなものを
書くわけじゃありませんから、
「今後ともよろしくお願いいたします。」というような社交辞令を
お寺さんが、檀家になると思いこんだのかもしれませんね。

その後、付き合いはないといっても、
季節ごとのお寺の法要に、
案内の郵便物くらいは来ていたのではないでしょうか。
普通、お檀家さんか信者さんでなければ、
そういう案内は送りません。
また、お寺の法要に参列するかどうかは自由ですし、
お檀家さんであっても、
お寺から回忌供養をするように要求することはありません。
あったとしても、ことし回忌供養ですよと
案内の手紙を送るくらいです。
だから、あなたが自分からお寺に行くか、
叔母さんの回忌供養でお坊さんを呼ぶかしなければ、
檀家であってもお寺との付き合いはないということになります。

ただ、護持会費や修繕費は、法要・法事のお布施とはちがい、
檀家総代会という檀家さんの代表が集まる会議で、
金額を決めて徴収するものですので、
自由ではなく、檀家である限り納める必要があります。

ということで、あなたが、今後とも、
そのお寺の檀家になるつもりがないのなら、
「いままで、よくわからずに納めていたが、
檀家になったつもりはないので、
今後は護持会費は納めない」
と、はっきり意思表示をしてください。
そうでないと、同じ檀家なのに
護持会費を納めていない人がいるとなると、
お檀家さんの中で揉め事の元になって、お寺の方でも困ります。

質問した人からのコメント

2016/12/11 13:48:31

回答を頂いた皆様ありがとうございました。
今一度、家族と相談し考えます。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

thu********さん

2016/12/610:00:16

お寺に尋ねるのが一番かと。
質問者様が関係ないと思っていてもそうでないかも知れません。お寺に寺位牌があったり、お墓があったり。
お寺側もきっと質問者様の嫌がることをしようとしてされてるわけではないと思います。
ご縁をお切りになるのであればお互いに納得されるようにされるべきだと思いますよ。お互いに話さなければ気持ちはなかなか伝わりませんから。
これから先、質問者様でなくとも質問者様に近しい人がお世話になることもあるかも知れません。一方的にならずお寺様の話も聞いた上で判断されることをおすすめします。

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

mas********さん

2016/12/517:06:13

思い切って断りましょう。たぶんあなたが気前よくお支払されてるから,もらっておこうという感じでしょう。
それと三番目の回答者はただの変態です。相手にされないことです。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1216450435...


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1015380363...

sty********さん

2016/12/416:38:22

日蓮正宗信徒の者です。
所謂、「寺檀関係」ですが、
これは江戸時代に、幕府の政策で決められたものが大半であり、信教の自由が認められた現在では、支払い義務はありません。
しかしそれでも先祖代々、自由意志では無いにせよ、その寺の檀家だったのは事実ですので、お金を払わない→つまり離檀するとなれば、相応の心構えや受け皿があって然るべきだと思います。
それは言うなれば、先祖代々続いて来た、家の宗旨替えにもなる訳です。
もしも一応の仏教徒としてのご自覚があられましたら、仏教の結論は【法華経】であり、鎌倉時代に【法華経】の予言を実現された日蓮大聖人様の御教えは、68代764年日蓮正宗に続いており、『白法隠没』された末法の今日で、力を持った仏教は唯一日蓮正宗だけですので、事前に電話連絡の上、一度最寄りの日蓮正宗寺院へお越しになり、御住職様から、寺檀関係や宗旨替えについて、詳しくお聞きになられれば良いかと思います。
無料ですので、ご参考までに。

mos********さん

2016/12/416:04:12

托鉢に来たら、米を一合くらいあげれば良いですよ^^

これが御坊さまの生き方なんです。

御坊さまが道を誤ることに手を貸してはいけません。

aka********さん

2016/12/415:59:27

変な寺ですね。堕落坊主の行く末ですよ。

真面目に修行・説法して世の救済に励んでいない証拠だ。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる