ここから本文です

慢性扁桃炎で悩んでいます。

hr9********さん

2016/12/518:48:18

慢性扁桃炎で悩んでいます。

他の質問を見ても、切ったほうがいい という意見が多いのですが、切りたくはないです。
慢性扁桃炎で扁桃腺を切ってない方で、何か効果が見られた予防法などあれば教えていただきたいです。

閲覧数:
362
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

rob********さん

2016/12/621:19:05

慢性扁桃炎になって高熱や風邪を引きやすいなどの症状でしょうか
この原因に まず耳鼻科では見つけられない上咽頭というリンパ粘膜部位の炎症を押さえる事で 扁桃炎になりにくくします

扁桃炎と同時に炎症しているのが 上咽頭炎です
これはほぼ同時に炎症して 最後まで炎症しているのが
扁桃です


これは 本当の名医にしか わからないと思います

風邪=急性上咽頭炎で 慢性化した炎症を残すのが
上咽頭の粘膜炎症です

ノドの痛みは 実は扁桃ではありません
ノドの痛みは 上咽頭のむくんで腫れたノドで
呑み込むので痛みになります


なので扁摘しても 風邪をひくし
ノドも痛くなります

上咽頭に炎症があるので 常に活性化しています

常に燻った炎症があり 活性化しているので 疲れたり冷えたりするだけで 一気に風邪の症状になります

普通=健康な人は風邪菌が入っても 粘膜の上で処理して治してくれて

流してくれるので 風邪を引かないっということになります

私の通院する耳鼻科先生は 扁摘しているということで
気管支炎になりやすいというリスクもあるとのこです

いくら耳鼻科先生でも自分が扁摘していないのであれば
認識しにくいかもしれません

扁桃はいまのところ テスト方法もなく
患者の症状で扁摘するかどうかきめていると思います

その時に一つ方法があり

調べる方法は Bスポット治療といって検査でもあります
何処を調べていると 扁桃炎にもなりやすいかといえば
先にいった 上咽頭というノドの奥にあるリンパです

扁桃炎になると 上咽頭も必ず炎症しています


つまり既に慢性上咽頭炎になっていると 扁桃から膿栓がでます
膿栓はだれでもありますが 毎週取っても取っても わりと大きい膿栓がでるなど あれば慢性扁桃炎です

慢性上咽頭炎があるならば➡膿栓マッサージ治療では膿栓が必ず出てきます

Bスポット治療して粘膜炎症をとっていくと 慢性扁桃炎は治っていきます

習慣性扁桃炎というのもありますが 私はわかりません

この扁桃マッサージ治療と同時に Bスポット治療できる
先生であるなら 貴方のノドもよくなっていくと思いますが
なかなかいません

私の通院する病院は大阪の田中亜矢樹先生です

扁桃を詳しく知っている先生は 日本に何人いるのでしょうか・・・
っというくらい 希少です

田中先生に診てもらうなら 診断は出来ると思いますが
Bスポット治療では通院が必要で (週一15回くらい必要)


ですが 無理と思いますので

扁桃マッサージ治療はないとしても

Bスポット治療のできるだけ名医の力と
家でやるべきことがあり

ミサトールリノローションで鼻うがいする=上咽頭炎の抗炎症

あとは あいうべ体操で粘液を出す練習と
口呼吸を鼻呼吸にする体操です

口呼吸になっているんで 扁桃炎や上咽頭炎になるからです
なので まず口にテープをはって寝る事で
乾燥を防ぎ=炎症をおさえる=粘液を出すっという意味で
重要ですが

割とわかりにくいですね

口にテープをはり 朝起きて取れていれば口呼吸です
(歌う・ヨガ・吹奏楽・カラオケなども口呼吸ですので
帰ったら あいうべ体操と ミサトールリノローションで鼻うがいすると 予防になります)

あと歯間の水圧掃除をする機械などをAmazonなどでうってます

扁桃炎=膿栓の成分は 歯周病もいたということ
菌が悪いのではなく 口が開いている事で乾燥➡炎症で
菌のバランスが悪くなります 炎症がかってしまいますので
注意です

なお 上咽頭炎が 薬だけでは治りませんので
粘膜の炎症を治すのは 塩化亜鉛を擦り付ける治療
=Bスポット治療でしか 無理です

(抗生物質や薬は併用で 治りよくなります)

下の本をよんでみてください
この先生は 扁桃に詳しいです
(この本では 上咽頭炎ですが)

貴方にも上咽頭炎があります 一度Bスポット治療にいって
検査してみたら確認できると思います

慢性扁桃炎になって高熱や風邪を引きやすいなどの症状でしょうか
この原因に...

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる