ここから本文です

母平均値と標本平均値の違いとそれぞれの求め方を教えてください。

やふこさん

2016/12/810:47:18

母平均値と標本平均値の違いとそれぞれの求め方を教えてください。

閲覧数:
729
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

留井腕強さん

2016/12/820:27:39

母平均値と標本平均値の違いとそれぞれの求め方
母平均値=母集団全体の平均値
ある値について,母集団全体につき個々の値を加えて
母集団全体の個数で割る。(母集団が少ない個数ならOK)
標本平均値=母集団から取り出したサンプルの平均値
ある値について,母集団から(普通は無作為に)n個(自分の都合で決めるが,
30個以上が望ましい。)のサンプルを取り出し,それらの値を加えてnで割る。
※ 将来,標本平均値から母平均値を推定(一定の幅で区間推定)することになりますが,サンプルの個数が大きいほど,精度の高い推定が出来ます。

質問した人からのコメント

2016/12/9 21:35:04

ありがとうございます!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる